Bose QuietComfort 35を1年半使ってみての感想 | ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
Bose QuietComfort 35を1年半使ってみての感想 | ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
高級ヘッドホン、ノイズキャンセリングとの出会い 私が初めて高級ヘッドホンを購入したのが大学入学の時。ガジェット好きな父親.....

Bose QuietComfort 35 イヤーパッドが破れた

以前紹介した「Bose QuietComfort 35 wireless headphonesワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン (ブラック)」ですが、左側のイヤーパッド(イヤークッション)が劣化して、破けてクッションがむき出しになってきたので、交換することにしました。

QuietComfort25の時は3年以上全く問題ありませんでしたが、今回は2年でした。毎回使用後にティッシュで表面を乾拭きしてケアするのですが、その時にゴシゴシしすぎてビリッといったのだと思います。これからは優しく拭こう…。

ご覧の通り左のイヤーパッドからウレタンクッションがむき出しに。しかも黄色だったであろうクッションの色は青みがかった緑色になっていて、加水分解したのかちょっとベタベタ…。

気にしなければまだ使えるのですが、やっぱり違和感がありますし、何より密閉性が低下しています。密閉性がないヘッドホンでは音楽生活は送れないのですぐ交換することに。

 

Bose QuietComfort 35 交換用イヤーパッド

Bose 公式の純正品

Bose公式の純正品イヤーパッドは4400円で販売されています。

当たり前ですが、純正品なので遮音性や装着感には違和感がありません。Bose特有の耳が疲れない柔らかな付け心地はこのイヤーパッドがあってこそです。色もブラックとシルバーがあり、ブラックのヘッドホンにシルバーのイヤーパッドを付けてみてカスタマイズできるのも良いですね。

 

安価な非純正イヤーパッド

一方、こちらは安価な非純正イヤーパッド。もちろん中国製(笑)。純正と比べて半額以下の値段です。レビュー評価は意外と良かったので、今回はこのイヤーパッドを購入しました。

アマゾンのブラックフライデーセールで少し安く購入できました。包装は安っぽいですね笑

 

内容はイヤーパッド(イヤークッション)と中に敷くシート。

 

裏側。両面テープのような接着剤が安っぽく見えるかもしれませんが、これは純正品も同じです。

 

純正(左)と比べると、若干小さめです。縁に付いている模様はヘッドホンに取り付けると付く跡です。クッションがむき出しになっている丸い穴が非純正のほうが小さいので破けにくいかもしれません。

 

Bose QuietComfort 35 イヤーパッド交換方法

まず、イヤーパッドを外します。引っ張ればカチッカチッと爪でかんで固定されていた部分から外れます。