高級ヘッドホン、ノイズキャンセリングとの出会い

私が初めて高級ヘッドホンを購入したのが大学入学の時。ガジェット好きな父親がBoseユーザーだったので、その流れでBose QuietComfort 25を買ってもらいました。それまで3000円程度のイヤホンしか使っていなかったので、それはそれはBose特有の低音際立つ音質とヘッドホンの繰り出す臨場感のある音に感動しました。そして何よりも、ノイズキャンセリングの機能の虜になりました。その頃はまだ有線ヘッドホンでしたが、飛行機に乗るときには欠かせない相棒でした。

ノイズキャンセリングとは

外部のノイズを測定・比較し、それに反応して、逆位相の信号でノイズを打ち消す機能。

 

3年で左が故障

大学生活では肌身離さず持ち歩き、1年間の留学にも持って行きました。そんなこんなで毎日使っていて、帰国と同時に左側から音が聞こえなくなってしまいました。毎日開いて閉じてと酷使していたのでしょうがないとは思いながらも、3万円を超える買い物だったのでショックでした。(父のお金なんですけどねw)

鳥栖プレミアム・アウトレットのBoseで2代目を購入

一度ノイズキャンセリングにハマってしまった身としては、もう二度とノイズキャンセリング以外のヘッドホンには戻れません。1年間の保証期間は切れてしまっていたので、無償交換はできませんでしたが、故障したヘッドホンを代理店に持って行くと割引価格で新しいヘッドホンを購入できるとのことで、鳥栖プレミアム・アウトレットのBoseを訪れ、1世代型落ちではありましたが、Bose QuietComfort 35 wireless headphonesを割引価格で購入しました。

 

Bose QuietComfort 35 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン

2018年1月に購入して現在まで約1年半、使い倒している2代目のBoseヘッドホン「Bose QuietComfort 35 wireless headphonesワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン (ブラック)」です。現在出ている最新機種の「Bose QuietComfort 35 wireless headphones II 」の型落ちではありますがが、全く不自由なく、それどころか今まで有線だったストレスから解消されて初めてのワイヤレスヘッドホンの使い心地に満足しています。

 

仕様

  • ノイズキャンセリング機能
  • BluetoothおよびNFCにより、お手持ちのデバイスにワイヤレスで接続が可能。
  • 1回の充電で最大20時間(ワイヤレス)、40時間(有線)連続使用可能。
  • ノイズキャンセリング機能付きのデュアルマイクシステムにより、風の強い場所や騒がしい環境下での通話もクリアな音声通話が可能。
  • Bose Connectアプリでペアリング機器の管理やアップデート可能。
  • 充電時間:2.25時間(リチウムイオンバッテリー)
  • 折りたたみ収納
  • ヘッドホン:18 cm H x 17 cm W x 8.1 cm D (234 g)
  • 有線ケーブル:120cm
  • マルチペアリング対応
  • 発売日:2016年6月24日

 

保証期間は1年

Boseの保証期間は1年です。そうです、この2代目ヘッドホンも保証期間が切れてしまいました。一応まだ保証書は保管していますが、次壊れた時は、現在米国で販売されている「Bose Noise Cancelling Headphone 700」の最新モデルか、最近はSONYのヘッドホンが優秀なのでおそらくそちらに鞍替えするかなと思います。

 

同梱物