Valextra(ヴァレクストラ)

 

Valextra(ヴァレクストラ)は1937年にジョヴァンニ・フォンタナがイタリアのミラノで創業したレザーグッズブランド。ブランド名はイタリア語でスーツケースを意味する「ヴァリージャ (valigia)」と「エクストラ」から来ています。

2013年に投資会社Neo Investment Partnersに買収され、2015年にサラ・フェレーロがCEOに就任してウィメンズマーケットへの注力とハンドバッグをブランドアイコンにしたことが功を奏し、ラグジュアリーブランドとしての地位を確立しました。2013年には東京ミッドタウンに日本初のフラッグシップショップをオープンしています。

 

Valextra(ヴァレクストラ)のモノづくり

Valextra(ヴァレクストラ)の製品は全てイタリアの工場で約60人の職人のハンドメイドで生産されています。革の状態を見極めて最適な部位を切り取り、糸の選定、裁断、縫製、メタルパーツの仕上げまですべて熟練の職人の手作業で担います。

 

出典:https://www.valextra.com/en-us/valextra-world/heritage/

革小物のコンパートメントにはブランドアイコンのVシェイプのカッティングが施されており、革製品の良し悪しを左右するコバ(革の切れ端)の処理は、Cospaと呼ばれる特別な塗料を用いて手作業で何度も重ね塗りをして仕上げています。

 

Valextra(ヴァレクストラ)の製品の特徴

ヴァレクストラは「ノーロゴ」がフィロソフィーのため、表面にブランドを象徴するような派手な装飾はなく、内側に小さく刻印されたブランド名のみです。人気ハイブランド商品とは異なり、「ブランドを主張しないシンプルで洗練されたデザイン」がファンをつくっています。

また、ヴァレクストラはクリエイティブ・ディレクターがいない珍しいブランドでもあります。そこには、「コミュニティとしてブランドを発展させる。企業・商品イメージは顧客とともにつくる」という信念があります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valextra(@valextra)がシェアした投稿

そんなブランドを主張しないヴァレクストラですが、ブランドを知っている人には分かるような製品の特徴があります。

  • 黒色で美しく塗られたコバ
  • 革の色のバリエーションと発色の良さ
  • V字カットのコンパートメント

海外ハイブランドの財布の中では比較的マイナーですが、「イタリアのエルメス」とも呼ばれます。ちなみにCEOのサラ・フェレーロ氏は、エルメスとの違いについてこう述べています。

ブランドだけではなく企業としても素晴らしい「エルメス」と同等に称されるのはとても名誉なことですね。プロダクト自体から、ウィンドウディスプレイやインスタレーション、コミュニケーションまで、全てが美しいですから。多くの共通点がありますし、同時に多くの違いもあると思います。まず、「エルメス」はとてもフランス的で、「ヴァレクストラ」はイタリア的ですよね(笑)。食事と一緒で、優劣ではなくアティチュードが異なるということだと思います。レザーの質感だと、「エルメス」はパウダリーでソフトな触り心地ですが、「ヴァレクストラ」はもう少しハードで艶がある。クリーンな設計や軽さ、シャープなデザインも「ヴァレクストラ」ならではです。(引用元:FASHIONSNAP.COM

 

ヴァレクストラの長財布を購入するまで

SNSでフォローしている方がヴァレクストラの財布を愛用していたのがきっかけでブランドの存在を知りました。高校から10年以上、父親から譲り受けたルイ・ヴィトンのタイガ柄の二つ折り財布を使ってきましたが、

  • お札を曲げたくない
  • カードの収納力が欲しい
  • 財布はズボンやジャケットに入れずに必ずバッグに入れて持ち運んでいるので長財布のサイズ感は気にならない
  • 長財布のほうが二つ折りよりカジュアルさが控えめで存在感と高級感がある

といった理由から長財布に買い替えたいと考えていました。

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)|父親から受け継いで10年。タイガ・レザー二つ折り財布
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)|父親から受け継いで10年。タイガ・レザー二つ折り財布
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton Malletier)は、185.....

 

長財布を選ぶにあたり、こだわった点は以下の通り。

1.素材:型押しカーフレザー

レザーの定番素材「牛革(カウレザー)」の中でも、表面がきめ細かく柔らかい仔牛のカーフスキンやベビーカーフが使われている型押しレザーから探しました。

型押しレザーは傷がつきにくく、目立ちづらいため扱いやすいというメリットがあります。模様のデザインで差別化もでき、高級感もあります。

 

2.機能:カード収納力が高い、小銭入れ無し

昨今のキャッシュレスの流れに伴い、スマホで支払うことが増えましたが、クレジットカード2枚、キャッシュカード1枚、保険証、運転免許証、マイナンバーカードの6枚は二つ折り財布で常に持ち運んでいます。もう少しカードの収納数に余裕が欲しいと感じていたため、カードスロットが10枚くらいあるものを探しました。

私は財布とは別に小銭入れ(コインケース)を持ち歩いているため、長財布に小銭入れは不要です。小銭入れを持っているとメリットもあります。

REGAL(リーガル)|10年使用しているコードバンの馬蹄型コインケース
REGAL(リーガル)|10年使用しているコードバンの馬蹄型コインケース
REGAL(リーガル) 「株式会社リーガルコーポレーション」、通称リーガルは、ドレスシューズ、カジュアルシューズを幅広く.....

 

財布をスマートにみせる、傷めない

小銭を入れてパンパンに膨れ上がった財布は見た目が格好悪いです。財布の型崩れや傷みの原因にもなるため、長く愛用するためにも必要最低限のカードとお札だけを入れて、小銭は別で用意したコインケースに入れて持ち運ぶのをオススメします。

 

小銭を必要な時に取り出しやすい

キャッシュレスの流れのおかげで小銭の出番がほとんどないため、常に長財布に小銭を入れておく必要性がなくなってきています。逆に小銭だけで事足りる場面ではコインケースを持っていると、それだけ持っていく、取り出せばいいのでとても楽です。

 

3.デザイン:シンプルで高級感がある

ブランドロゴが全面に出ているものや、派手な柄の財布は好みでは無いため、シンプルなデザインの長財布を選びました。デザインがシンプルだとつくりや素材の良し悪しが見た目の高級感に直接影響するため、ブランドの実力が試されます。

 

候補に残った4ブランドのメンズ長財布の比較

最終的に候補に残ったメンズ長財布は4ブランドでしたが、自分の条件に見合うものはヴァレクストラ一択でした。

ブランドモデル定価(税込み)
HERMES(エルメス)MC2・フレミング242,000円
Valextra(ヴァレクストラ)ヴァーティカル 12カード77,000円
CAMILLE FOURNET(カミーユ・フォルネ)21.04 VERSO ロングウォレット137,500円
Smythson(スマイソン)Panama スリムコートウォレット42,000円

 

エルメスブランド力、高級感、品質、全てにおいて一級品の憧れのブランドですが、20代の一般庶民が手を出せるものではありません。気になった「MC2・フレミング」というモデルは定価24万。余裕の予算オーバー。無理して買ってもブランドに自分が追い付かないので、40代以上など貫禄が付いてから手に入れたいですね。
カミーユ・フォルネ高級感と硬い質感の型押しカーフレザーがとても良く、ヴァレクストラと迷ったのですが、少し予算オーバーかつアリゲーターのレザーが個人的に好みではなかったので外しました。餅は餅屋。やはりカミーユ・フォルネで買うなら時計ベルトですね。
スマイソン候補の中では一番安いですが、実際に現物を手に取ってみると、革の質感(特に内側)は値段相応といった印象で他の3ブランドと比べると高級感に劣りました。期末に安売りセールしていたりして若干自分の中でブランドイメージが下がってきているのも外した理由の一つです。

 

ヴァレクストラの長財布の色と素材決め

ヴァレクストラの「ヴァーティカル 12カード」の購入を決めたのですが、ソフトカーフスキンとグレインカーフスキンの2種素材あるため、色と素材を決める必要がありました。

どちらもカーフレザーですが、型押しのパターンが異なるため、同じカラーでも発色、質感、手触りが微妙に違います。

 

ソフトカーフスキン