SONY WF-1000XM3:待望のソニーのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン発売

7月13日、約2年ぶりにSONYのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンの新モデル「WF-1000XM3」が発売されました。

今までBoseユーザーだった私も、最近のソニー製のヘッドホンとイヤホンの評判は耳が痛くなるほど聞いており、次はソニーのイヤホンを買おうと思っていたところに登場した新作でした。元々はネックバンド型の「WI-1000X」を狙っており、今年あたりに新モデルが出るかと思っていたらまさかのワイヤレスが出てしまい、新しいものには目がないので気付いたらアマゾンでポチっていました。

発売されてからずっと売れまくっているようで、私が7月20日に注文したときには出荷が2週間以上後でした。今見ると約1カ月待ちですね。そのおかげで若干安くなってはいますが、恐るべし人気。

 

 

2週間以上待ち、いざ開封

2週間以上待って8月8日に届きました。色はブラックを注文。ブラックにゴールド文字は鉄板ですが、高級感を出すのにはこれ以上無い組み合わせだと思います。

 

中身を引き出します。チラ見せ。ソニーさん焦らすのお上手ですね。この一つ一つ開けていく時の高揚感がたまりません。

そしてお披露目。ああ、この高級感。カッコイイ。

傷が付かないようにフェルト生地のようなカバーが被さっています。こういう細かい気遣い大事。

ゴールドにSONYのロゴ。無駄のないシンプルなデザインが最高です。(語彙力)

イヤホンをさっそくケースの中へ。赤く光り、充電され始めました。

蓋がパチッと閉まるの良い

購入前に動画で見ていたので知っていたのですが、ケースの蓋がパチッと強くもなく弱くもない磁力で閉まるのがカッコイイし気持ち良い。片手でも余裕で開閉できます。

イヤホンもマグネットでカチッと収納

イヤホンもマグネットでケースの中にカチッと収納されます。そしてすぐ充電されます。ちゃんとハマってなくて充電できないなんてことがありません。

 

そんなこんなでいちいち感動してしまいます。次に箱の下を開けてみます。

イヤーピースと充電ケーブル(USB Type-C)、説明書と保証書が入っています。