PENHALIGON’S(ペンハリガン)

PENHALIGON’S(ペンハリガン)は、1870年創業のイギリスのトータルグルーミングブランド。創設者のウィリアム・ペンハリガンが、1860年代後半に故郷のコーンウォールからロンドンに出て、ペンハリガンのルーツとなる理髪店を世界最高の紳士用品が揃う通り「ジャーミン・ストリート」に開業しました。

 

1872年にはジャーミン・ストリートのターキッシュバスのスチームと硫黄の香りにインスパイアされた、ペンハリガン初の香水「ハマン ブーケ」を発表。理髪店に足を運ぶお客用に香水を片手間で作っていましたが、トータルグルーマーとしての実績が評価され、後に「英国王室御用達の理髪師兼香水商」の称号を与えられました。以来、クリエイティブで画期的な香水づくりを続け、今や世界中に愛用者を持つ高級フレグランスブランドとなり、現在もフレグランスをはじめとするアイテムをすべて英国で製造しています。

 

英国王室御用達「ロイヤルワラント」

世界各国の王室に商品を納入しているブランドに与えられる「王室御用達」の認定の中でも、イギリス王室の「英国王室御用達(ロイヤルワラント)」は代表格。

厳しい審査や管理を経て、王室が実際に使用し、英国王室に最低5年以上納品している実績があるものから英国女王、エディンバラ大公、ウェールズ公が認めたものだけにそれぞれの紋章が与えられます。認定されたブランドは与えられた紋章(最大3つ)を掲げることができますが、5年ごとに審査があり、常に高品質の商品を提供することが求められます。

左からライオンとユニコーンが描かれたエリザベス女王の紋章、血縁関係のあるデンマークとギリシャをモチーフにしたエディンバラ公(フィリップ殿下)の紋章、王冠に3本の羽根をあしらったウェールズ公の紋章。

ペンハリガンは、1903年にアレクサンドラ女王、1956年にエディンバラ公、1988年にチャールズ皇太子からロイヤルワラントの認定証が与えられ、現在も両殿下による2つのロイヤルワラントを保有しています。

 

ペンハリガンの香水

ペンハリガンのフレグランスは、上質な天然香料と調香の先端技術によって作られており、ベースノートに重厚な香料を使用することで、香りがしっかりと持続するのが特徴。体温と人の持つ香りによって世界に1つしかないその人だけの香りとして調和されます。

香水は賦香率(ふこうりつ、香料の割合)や香りの持続性によって分類され、濃度が高い順に、パルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロンに分類されます。

オードパルファム(オードパルファン)-eau de parfum(EDP)
  • 濃度:10~15%
  • 持続時間:4~5時間
オードトワレ-eau de toilette(EDT)
  • 濃度:5~10%
  • 持続時間:3~4時間
オーデコロン-eau de cologne(EDC)
  • 濃度:3~5%
  • 持続時間:1~2時間

 

 

SARTORIAL EDT(サルトリアル オードトワレ)

  • ブランド:PENHALIGON’S(ペンハリガン)
  • 商品名:SARTORIAL EDT(サルトリアル オードトワレ)
  • 容量:50ml
  • 成分:変性アルコール、水、香料
  • 原産国:イギリス
  • 定価:約16,000円(税込)

 

「OPUS 1870 EDT(オーパス 1870 オードトワレ)」からペンハリガンの香水を使い始め、今回新たに「SARTORIAL EDT(サルトリアル オードトワレ)」を通販で購入しました。

PENHALIGON’S(ペンハリガン)|「オーパス 1870 オードトワレ 50ml」香りレビュー
PENHALIGON’S(ペンハリガン)|「オーパス 1870 オードトワレ 50ml」香りレビュー
PENHALIGON’S(ペンハリガン) PENHALIGON’S(ペンハリガン)は、1870年にウィリアム・ペンハ.....

ペンハリガンの香水は100mlと50mlのサイズがありますが、私は今のところ週に1、2回程度しか香水を付けないため、今回も50mlを選びました。ちなみに20年7月から使用しているOPUSは4分の1しか消費していません。香水の消費期限は未開封で3年、開封済みで1年と言われているため、ケチらずにもう少し贅沢に使ったほうが良いですね。

 

「サルトリアル」の意味

「SARTORIAL(サルトリアル)」は「仕立屋」の意。ビスポークテーラーのアトリエに触発されて生まれた香りは、まさに紳士というワードがぴったりのクラシックな香調。

サルトリアルは、フランスのフレグランスブランド「ラルチザン パフューム」の専属調香師であり、かつてはコム・デ・ギャルソンのフレグランスも調香した名調香師ベルトラン ドュショフール氏が作り出し、2010年に発売しました。

ベルトラン ドュショフール氏は創作にあたり、サビル・ロウの16 番地にあるビスポークテーラー「ノートン&サンズ(Norton & Sons)」のアトリエを訪れ、洋服の生地、裁断機のオイル、古びた型紙、年季の入ったキャビネットなど、店の中の香りからインスパイアを受けたという。

オーダーメイドという意味で広く用いられるビスポーク(Be spoke)という言葉は、その名のとおり、お客が職人と会話しながら注文してつくったものを指し、サヴィル・ロウ発祥の言葉です。ペンハリガンのフレグランスはこのように紳士にちなんだテーマの銘が多くあり、スーツ、革製品、ステッキ、整髪料で整えられた髪型、ウイスキーなど、「英国紳士の生活の香り」を豊かに表現しています。

香りのテーマは“完ぺき”です。「サルトリアル」は、クラシックなフゼアの香りを現代的に解釈したもの。ビーズワックス(蜜蜂から採れる天然ワックス)の甘く染みついた香りが、オークモス、トンカビーン、ラベンダー、あるいはレザー、ヴァイオレットリーフなどトラディショナルなスパイスやエレメントとしっかり結びつき、テーラーのアトリエにいるような幻想を見せてくれます。(引用:OPENERS

テーラーの香りをイメージして、サルトリアルの香水ボックスには、全面に針の糸通し、裏面にミシンが描かれています。