PENHALIGON’S(ペンハリガン)

PENHALIGON’S(ペンハリガン)は、1870年にウィリアム・ペンハリガンによってイギリスで創業しました。創設者のウィリアム・ペンハリガンは、1860年代後半に故郷のコーンウォールからロンドンに向かい、ペンハリガンのルーツとなる理髪店をジャーミン・ストリートに開業しました。

 

1872年にはジャーミン・ストリートのターキッシュバスのスチームと硫黄の香りにインスパイアされた、ペンハリガンの初めての香り「ハマン ブーケ」を発表します。もともとは、理髪店に足を運ぶお客用に片手間で作っていた香水でしたが、1軒の理髪店から始まったペンハリガンはトータルグルーマーとしての実績が評価され、後に「英国王室御用達の理髪師兼香水商」の称号を与えられます。以来、創業当時からのクリエイティブで画期的な香水づくりを続け、今や世界中に愛用者を持つ高級フレグランスブランドとなりました。現在もフレグランスをはじめとするアイテムをすべて英国で製造しています。

 

英国王室御用達「ロイヤルワラント」

世界各国の王室に商品を納入しているブランドに与えられる「王室御用達」の認定ですが、特にイギリス王室の「英国王室御用達(ロイヤルワラント)」は代表格。

厳しい審査や管理を経て、王室が実際に使用し、英国王室に最低5年以上納品している実績があるものから英国女王、エディンバラ大公、ウェールズ公が認めたものだけにそれぞれの紋章が与えられます。認定されたブランドは与えられた紋章(最大3つ)を掲げることができます。5年ごとに審査があり、常に高品質の商品を提供することが求められます。

左からライオンとユニコーンが描かれたエリザベス女王の紋章、血縁関係のあるデンマークとギリシャをモチーフにしたエディンバラ公(フィリップ殿下)の紋章、王冠に3本の羽根をあしらったウェールズ公の紋章。

ペンハリガンは、1903年にアレクサンドラ女王、1956年にエディンバラ公、1988年にチャールズ皇太子からロイヤルワラントの認定証が与えられ、現在も両殿下による2つのロイヤルワラントを保有しています。

 

ペンハリガンの香水

ペンハリガンのフレグランスは、上質な天然香料と調香の先端技術によって作られており、ベースノートに重厚な香料を使用することで、香りがしっかりと持続するのが特徴的。また、体温とその人の持つ香りによって世界に1つしかないその人だけの香りとして調和していきます。また、香りの濃度によって、コロン、オードトワレ、オードパルファムに分類されています。

 

香水を付ける?付けない?

香水は安いものから高いものまでたくさんあります。香水に対するイメージも人それぞれで、香水をつける人、付けない人、いるでしょう。私も高校生の頃までは香水に対するイメージが悪く、嫌いでした。(香水臭いおばさまのイメージが強すぎて…)

「香害」というものがあるように、まわりの人に嫌がられるような香水の使い方には気を付ける必要があります。香水を付けない人の中には、エチケットを無視した香水使用者のイメージが根深く意識付いているのも理由かもしれません。

しかし、香水は正しい使い方をすれば人生を豊かにしてくれるアイテムです。香水を付ける理由は人それぞれだと思いますが、

  • 気分を上げる、変える
  • なりたい自分にしてくれる(自分のアイデンティティ)
  • ファッション感覚で楽しめる
  • お洒落なインテリアになる

こういった楽しみ方があると思います。香水の世界は意外と奥深いです。

 

安い香水と高級な香水の違い

大学生になるとファッションへの関心とともに香水にも興味を持ち始め、学生メンズ香水のド定番であるブルガリの香水を買ったことがあります。香水を使ったことのある男性なら一度は手にしたことがあるのではないでしょうか笑

嫌いな香りではありませんでしたが、そこまで気分の上がるものでもなく、また、手頃な値段や万人受けする香りとあって、人と被る可能性も高いのが難点でした。

服と同じで、香水のクオリティもある程度は値段に比例するところがあります。特に香りの重さや変化の仕方には明確な差があります。餅は餅屋。フレグランスブランドに足を運ぶと、その世界の奥深さに気付かされるかもしれません。

私は大学生の頃からイギリスかぶれでしたので、英国のフレグランスブランドをいつか手に入れたいと考えていました。イギリスブランドでは、

  • JO MALONE(ジョー マローン)
  • PENHALIGON’S(ペンハリガン)
  • FLORIS(フローリス)

などがありますが、今回私はペンハリガンの香水の購入に至りました。

 

OPUS 1870 EDT(オーパス 1870 オードトワレ)