KIEHL’S(キールズ)

キールズ(KIEHL’S SINCE 1851)は天然由来成分を配合したスキンケア、ボディケア、ヘアケア製品を展開するアメリカのブランド。現在42カ国約900店舗で販売され、2008年に日本に上陸しました。

1851年にニューヨークで創業した調剤薬局を薬剤師ジョン・キールが買収し、経営を開始。創業当時は薬学の知識を持ったスペシャリストがカウンセリングをもとにハーブやオイルを調合して処方しており、160年以上経った現在でも、販売員のカウンセリングのもと、肌に合ったサンプルを試して「体験してから購入」することを推奨しています。

 

乾燥は肌トラブルの原因

皮膚の表面「角層」は保湿機能とバリア機能を有しており、正常な状態であれば肌を水分蒸発や紫外線、雑菌、異物から皮膚を保護します。また、皮脂も肌の保護に欠かせない存在であり、皮脂膜で肌表面を覆うことで肌の状態を維持しています。

この保湿機能とバリア機能を正常に働かせるためには、角層の水分と皮脂の分泌量を適正に保つ必要がありますが、空気が乾燥する秋冬はそのバランスが乱れやすいため、肌トラブルが続出します。乾燥した空気が皮膚から水分を奪い、気温が下がると体が冷えて皮脂の分泌量が低下するため、角層のバリア機能が低下して皮脂膜も薄くなり、肌のターンオーバーまで乱れて乾燥による肌トラブルが発生します。

加齢とともに肌の水分・皮脂量は減少するため、スキンケアによる保湿は必須。ただし、肌に浸透する水分量は一定のため、化粧水や保湿クリームを大量に付ければ解決するものでもありません。むしろ、肌に水分が残ると蒸発とともに余分に水分が奪われやすくなります。油分が多い乳液を使うと毛穴に詰まってしまうことも。

【レビュー】CLINIQUE(クリニーク)|混合肌にもオススメな保湿乳液「ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション プラス(DDML+)」
【レビュー】CLINIQUE(クリニーク)|混合肌にもオススメな保湿乳液「ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション プラス(DDML+)」
CLINIQUE(クリニーク) クリニーク ラボラトリーズ(Clinique Laboratories)、通称「CLIN.....

 

過酷な環境下で肌を守った実績のある保湿クリーム

油分少なめで保湿力が高いクリームの中から自分の肌に合うものを探したところ、KIEHL’S(キールズ)の定番人気商品「キールズ クリーム UFC(Ultra Facial Cream)」が目に留まりました。世界で5、6秒に1個売れている売上No.1の名品で、2005年にグリーンランドの世界初登頂を成し遂げた6名の探検家の肌を過酷な環境から守ったという実績があります。

極寒の地で活躍したクリームが普段の生活の乾燥季節から肌を守れないわけがありません。ビタミンC美容液のDSラインコンセントレートの使用感が良かったこともあり、キールズの保湿クリームの購入に至りました。

KIEHL’S(キールズ)|毛穴やニキビ跡に効果あり?ビタミンC美容液「DS ライン コンセントレート 12.5C」レビュー
KIEHL’S(キールズ)|毛穴やニキビ跡に効果あり?ビタミンC美容液「DS ライン コンセントレート 12.5C」レビュー
KIEHL’S(キールズ) キールズ(KIEHL’S SINCE 1851)は天然由来成分を配合.....

 

【レビュー】保湿クリーム「UFC(Ultra Facial Cream)125ml」

  • ブランド:KIEHL’S(キールズ)
  • 商品名:クリーム UFC(Ultra Facial Cream)
  • 容量:125ml
  • 原産国:アメリカ
  • 定価:7,920円(税込)

国内正規品は27g、49g、123gの3サイズ展開。並行輸入品は50mlと125mlが販売されています。私はベルコスメで125mlを約6000円で購入しました。最もコスパが高い一番大きいサイズがオススメです。

楽天通販の並行輸入品もお得です。アマゾンの並行輸入品はさらに安いですが、レビューを見ると本物かどうか怪しいため避けた方がよさそう。

【ベルコスメ】クリーム UFC (ウルトラフェイシャルクリーム) 125ml