イタリア|ローマ写真旅④ – サン・ピエトロ広場、サン・ピエトロ大聖堂とクーポラ
イタリア|ローマ写真旅④ – サン・ピエトロ広場、サン・ピエトロ大聖堂とクーポラ
ローマ観光二日目。午前中にバチカン美術館を見学した後は、サン・ピエトロ大聖堂を訪れました。(写真は2017年8月当時のも.....

ローマ観光二日目。バチカン美術館、サンピエトロ大聖堂の見学に半日を費やし、気付いたら15時半。ローマ観光最終日の夕方もできるだけ写真を収めるために歩き続けます。(写真は2017年8月当時のもの)

コンチリアツィオーネ通り

イタリアとバチカンの間で交わされた、ラテラノ条約(バチカン市国が認められた)の際に建設され、1936年に完成したのが。コンチリアツィオーネ通りです。コンチリアツィオーネは「和解」を意味するため、和解の道とも言われています。

カトリックの総本山であるバチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂正面へと真っ直ぐに伸びる大通りです。大聖堂のクーポラからこのコンチリアツィオーネ通りが一直線に見渡せましたが、ここから見る大聖堂も良い眺めです。営業時間や入場料はもちろんありません。自由に誰でも楽しむことができる景色です。

 

端から端まで10分弱。夜来るとライトアップされた大聖堂を見ることもできます。

 

 

ヴィットリオ エマヌエーレ2世橋

イタリア統一の1861年から半世紀後の50周年祭に、白を基調とした建造物が次々にローマに建設されました。このヴィットリオ エマヌエーレ2世橋も1911年に完成したものです。

トリノやサルデーニアを治めていたサルデーニア国王、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世が父から引き継いだイタリア統一戦争に終止符を打ち、数々の小国の集合体だったイタリア半島がイタリア王国として統一されました。王国の国父と呼ばれ、イタリアの象徴として国民から敬愛されています。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世を称える建造物ではヴェネツィア広場の記念堂が有名ですが、この橋もその一つですので見ておいて損はありません。

 

サンタンジェロ城、サンタンジェロ橋

サンタンジェロ城 (聖天使城)は、皇帝ハドリアヌス帝 がお墓(霊廟)として造らせた城です。その後、要塞となりました。もともとは霊廟への通路だった橋ですが、17世紀にベルニーニが改築し、サン・ピエトロ大聖堂へと続く参道として天使像を据えることで巡礼者たちを神の世界へ導く演出にしました。

橋にはキリスト受難の品(柱、鞭、イバラの王冠、聖骸布、聖衣とサイコロ、釘、十字架、INRIの銘、海綿、槍)を手にした10体の天使像が飾られています。10体のうち2体(「イバラの王冠」と「INRIの銘」)はベルニーニ自身が作成し、残り8体はベルニーニの工房で造られました。

ベルニーニ作の2体は出来映えの良さに風雨で像が傷むのを心配したクレメンス9世がレプリカに置き替え、オリジナルは手元に置くことにしました。現在はサンタンドレア・デッレ・フラッテ教会に納められています。