Neutrogena(ニュートロジーナ)

Neutrogena(ニュートロジーナ)は1954年に創立したスキンケアブランドです。ロサンゼルスで小さなコスメブランド「Natone」を経営していた創立者のE.ストラロフが、ヨーロッパ出張時にベルギーの化学者がつくった固形石けんに出会ったのがブランドの起源です。しっとりとした洗い心地で、洗顔後の肌のpH値が水で洗った場合とほとんど変わらないという低刺激な石けんはアメリカで「Neutrogena®」と名づけられて発売され、たちまち人気商品になりました。その後、Natoneは1962年にブランド名を「Neutrogena®」とし、ブランド理念(清潔・純粋・安全・やさしさ・信頼・効果)のもと世界70カ国以上で愛されるスキンケアブランドになりました。1994年からジョンソン・エンド・ジョンソンの傘下に入っています。

 

男性も通年のボディ保湿ケアは必須である

近年は美容意識の高まりから、男性のスキンケアも当たり前になりました。しかし、フェイス・ヘアケアはやっていてもボディケアまでは手が回っていない男性も多いのではないでしょうか。

肌は遺伝的なものが大きいので、何もしなくても肌が強くスベスベな男性もいます。しかし、一見肌が丈夫な人も、肌の奥が乾燥していたりと目に見えないところでダメージを受けていたりします。スキンケアと同じく、若いころは何もしなくても、年をとるにつれて肌の状態に個人差が出てくるという意味ではスキンケアと同じくボディケアも重要なのです。夏は腕や足の露出も増えるため、肌の状態が人に見えます。スベスベな肌も見た目で重要とされる「清潔感」を出すものです。

夏も紫外線やエアコンで肌がダメージを受けています。年を重ねるにつれて肌の保湿効果も衰えてくるため、乾燥時期だけでなく、通年でボディの保湿ケアをオススメします。

 

ボディクリームを選ぶ基準

ボディクリームはフェイスケア商品と比べて圧倒的に消費量が多いのが特徴です。そのため、お金が溢れるほどない限りはコスパは重要。また、保湿効果がないと意味がないので、高い保湿力は必須です。

  • 伸びの良さ
  • 美容成分配合
  • 余計な化学物質が入っていない
  • お洒落なボトルデザイン
  • 使いやすさ(ポンプ式が使いやすく衛生的)
  • 無香料 または お気に入りのほのかな香り

学生の頃はジョンソン・エンド・ジョンソンのボディクリームとニベアにお世話になっていました。1000円以下でためらうことなく使えるので、特に不満なく使っていました。

 

超乾燥肌用 ボディクリーム「インテンスリペア(intense repair body emulsion)」