イタリア|ローマ写真旅③ – バチカン美術館の見どころ、おすすめ作品
イタリア|ローマ写真旅③ – バチカン美術館の見どころ、おすすめ作品
ローマ観光二日目はバチカン市国からスタート。(写真は2017年8月当時のもの)

ローマ観光二日目。午前中にバチカン美術館を見学した後は、サン・ピエトロ大聖堂を訪れました。(写真は2017年8月当時のもの)

サン・ピエトロ広場  

サン・ピエトロ広場は、サン・ピエトロ大聖堂の正面にある楕円形の広場です。ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの設計により、1656〜67年に建設されました。広場の幅は240メートル、奥行き340メートルで約30万人を収容できると言われ、日曜や聖日になると、ミサに参列する巡礼者たちで埋め尽くされます。

広場の中央にオベリスクが立っており、高さ15メートルの4列のドーリア式円柱による列柱廊372本と140体の聖人像が広場を囲んでいます。

 

サン・ピエトロは全ての教会の母なのであるから、母のように両腕を広げて受け入れることを表現した柱廊が望ましい。

設計者のベルニーニは古代ローマの闘技場コロッセオからインスピレーションを受けていたといわれています。世界中から救いを求めてサン・ピエトロ広場に集まる信者たちを想い、広場を訪れる人々により大きな感動を与えようと、この広場には様々な仕掛けが施されています。

信者は後ほど紹介するサンタンジェロ橋から広場に向かってきます。そこには10体の天使が信者を迎える形で配置されています。この橋を渡りながら、受難の道を越え、長い旅路の果てに辿りついた信者たちをサン・ピエトロ広場という巨大な空間が手を広げて出迎えるという一連のストーリーです。

 

柱がピッタリ重なる特別な場所「ベルニーニポイント」

サン・ピエトロ広場にある「centro del colonnato」と書かれた場所に立って円柱を見ると、4列の柱がぴったりときれいに重なります。ベルニーニポイントと呼ばれており、ここに立つと視界を遮っていた円柱が減り、広場の外側の景色が見通すことができます。

これもベルニーニの仕掛けで、この場所を中心に放射状に円柱が立てられていることが分かります。外の世界から閉じられた広場のようで、実は同時に世界に開かれている広場である(世界中の信者にも救いをもたらす)という、一見相反する意図を満たす空間となっているのです。

centro del colonnato(ベルニーニポイント)」は、オベリスクと噴水の間の2か所にあります。

 

写真の通り、ここに立つと円柱がきれいに重なります。

柱廊の上には140体の聖人像もただの飾りではなく、信者たちが聖人達から守られていると感じられるようにする演出のために配置されています。

広場の中央には高さ約25mのオベリスクがあります。オベリスクは古代エジプト時代に多く製作され、神殿などに立てられたモニュメント、記念碑の一種です。

世界に現存しているオベリスクは30本でその内の13本がローマにあります。サン・ピエトロ広場のオベリスクはローマにある13本のオベリスクの中で唯一、一度も倒れることがなかった神聖なものとなっています。