イタリア|ローマ写真旅② – コロッセオ、真実の口、マルタ騎士団の館、トレビの泉
イタリア|ローマ写真旅② – コロッセオ、真実の口、マルタ騎士団の館、トレビの泉
ローマ観光初日の午後はコロッセオの観光からスタート。

ローマ観光二日目はバチカン市国からスタート。(写真は2017年8月当時のもの)

バチカン美術館

出口。上部はミケランジェロとラファエロの彫刻。

バチカン美術館(ヴァチカン美術館)はバチカン市国にある、歴代ローマ教皇の収集品を展示する世界最大級の美術館。20以上の美術館や広場、中庭などで構成されており、イタリア語の館名は単数形のMuseoではなくMuseiと複数形になっています。16世紀末に教皇ユリウス2世により創設され、ミケランジェロたちに装飾されたシスティーナ礼拝堂をはじめとして人生で一度は見ておきたい美術品が詰まっています。

展示室は1,000以上、通路は7km以上もあり、館内構造も複雑です。15万点以上の作品があるため、見る作品と見学コースを絞って観光しないと、限られた観光時間では見回ることができません。

私も事前に「これだけは見ておくべき作品」を決めていましたが、写真撮影にこだわっていたらサン・ピエトロ大聖堂の観光と合わせて6時間半を費やしました。(9時〜15時半)。

 

バチカン美術館の入場チケットはネット予約がオススメ

バチカン美術館の入場チケットはネット予約がオススメです。当日に現地の窓口で購入すると夏のピーク時は灼熱の中立って並ぶことになります。

4€の手数料がかかりますが、大切な観光時間を費やすリスクを考えたらオンライン予約は必須です。予約開始は60日前から。繁忙期は予約チケットも売り切れになる可能性があるため早めに購入しましょう。購入したチケットは印刷するのを忘れずに。(スマホ表示可)

 

通常チケット(ADMISSION TICKETS):17€+4€(予約料)

 

公式サイト(英語)のオンライン予約に不安があったり、手配が面倒であれば日本語ツアーガイドを申し込むのも一つの手です。

 

入場のタイミングは朝一がオススメ

世界最大級の有名美術館だけあって、観光客が大勢押し寄せます。チケットの行列は朝一からできていますが、館内の混雑状況を考えると、朝一の入場がオススメです。私が訪れた日も朝から行列ができており、ネット予約して本当に良かったと思いました。

 

入場方法(予約者の列)

バチカン美術館の入口に近づくと、列が外壁側(左側)と車道側(右側)に分かれています。チケットを事前予約している場合は、右側の列に並びます。

また、列に並んでいるときにパスケースをぶら下げた人が話しかけてくることがあります。この人たちは詐欺師で、割高なチケットを売りつけてくるので注意してください。バチカン市国ではペットボトルの水と日傘売りもよく見かけました。ローマに限らずヨーロッパは物を売りつけてくる人がいるのでスリも含めて常に注意しましょう。

入口で手荷物検査を受けます。事前予約した場合も窓口で紙チケットへの引き換えが必要です。(記憶が曖昧で覚えていませんが、他のサイトに説明がありました)

 

2020年6月以降 バチカン美術館の営業時間

現在開館しているようですが、コロナウイルスの影響か、今までの営業時間とは少し変動があるようです。最新の情報は公式サイトより確認してください。

http://www.museivaticani.va/content/museivaticani/en/info/tutti-gli-orari.html

■営業時間
  • 月曜〜木曜日 10:00 – 20:00 ※最終入場 18:00
  • 金曜〜土曜  10:00 – 22:00 ※最終入場 20:00

※ 閉館30分前に退館する必要があります。

■休館日

・日曜
・2020年6月11日、29日、8月14日、15日、12月8日、25日、26日

 

ここからはバチカン美術館の作品を一部紹介します。

 

ピナコテカ(絵画館)

ピナコテカ(絵画館)は、フランスのナポレオンの侵略により略奪された作品が、ウィーン会議で返還が決定された事を機に建てられました。18の展示室があり、最盛期のルネサンスの巨匠たちの作品を中心に、絵画とタピスリーが展示されています。

 

ミケランジェロ作「ピエタ像」

ミケランジェロ作「ピエタ像」のレプリカも必見です。本物はサン・ピエトロ大聖堂の中にあります。

レプリカは近くで見ることができるため、作品の細かい芸術を見て味わうことができます。写真に収めるなら本物でしょう、ということでレプリカの写真は撮っていません。サン・ピエトロ大聖堂を紹介する時にフル画質の写真を載せますが、↓このような像です。

ミケランジェロが25歳の時に手掛けた傑作。永遠の若さを持つ母の腕の中で、死にゆく息子の姿が表現されています。聖母マリアが磔刑に処された死にゆく息子キリストを愛おしんでいます。母親としては顔が若すぎるという批判に対して、ミケランジェロは「マリアが若いのは彼女の永遠の純潔さからだ」と反論したそうです。

 

ラファエロ「キリストの変容」

キリストの起こした2つの奇跡(キリストが光を放ち、3人の弟子 左から「聖ヤコブ」「聖ペテロ」「聖ヨハネ」に神の子である事を告げた奇跡、悪霊に取り憑かれた少年を救う奇跡)が表現されています。キリストの左に「予言者エリヤ」、右に「予言者モーセ」が描かれています。

ラファエロの遺作と言われており、この作品がほぼ完成した1520年にラファエロはこの世を去りました。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ「聖ヒエロニムス」