スニーカーが人と被る問題

老若男女問わず愛用者が多いスニーカー。デザインが豊富にあるのが魅力ですが、意外とブランドは定番に落ち着きがち。

  • ニューバランス(New Balance)
  • ナイキ(NIKE)
  • アディダス(adidas)
  • コンバース(CONVERSE)
  • バンズ(VANS)
  • プーマ(PUMA)

「人と被る=人気商品、多くの人にとって良いデザイン・ブランド」であることには間違いはありません。定番物は外れが少ないですし、「スニーカーといえばココ!」というブランドを持つことも一つの選択肢だと思います。

しかし、いざ定番ブランドのスニーカーを履いてみると、すれ違う人たちと何度もブランドやデザインが被ってしまうということも少なくないでしょう。また、定番ブランドのデザインが好みではない、派手すぎると感じる人もいると思います。

そこで、今回は「こだわりを持ってスニーカーを選びたい」「人と被らないマイナーブランドのスニーカーが欲しい」「派手じゃない大人上品なデザインのスニーカーが欲しい」という方向けに、オススメのスニーカーブランドを紹介します。

※今回紹介するスニーカーは、運動用というよりは、カジュアルファッション用です。紹介するモデルは私の個人的な好みで選んだものです。各ブランド、他にもモデルが存在するので、ぜひご自身で探してみてください。

 

人と被らない!お洒落で大人上品なスニーカーブランド12選

1.Panther(パンサー)

1964年、東京オリンピックの年に誕生したスポーツシューズブランド「Panther (パンサー)」。オリンピックの開催によってスポーツ競技人口が増加することに着目し、世界長ユニオン株式會社がトレーニングシューズを開発しました。

ブランド名の「Panther(黒豹)」をイメージした俊敏さに溢れるデザインと軽快なフォルムで、1970年代にはトレーニングシューズの代名詞として多くのトップアスリートから愛用され、また、全国の学校指定靴としても幅広い層から愛されました。

時代の流れとともにブランド休止していましたが、2016年に復刻モデルとともに復活。復刻モデルはデザインが現代的にアップデートされることが多い中、オリジナルのディテールをを忠実に再現しています。

 

オススメモデル:GT DELUXE “made in JAPAN”

私物

スエードをアッパーに採用して上品に仕上げた「Panther GT Deluxe」はMade in Japan(メイドインジャパン)。福島県にある工場で、裁断、縫製、成型まで60の工程を経て製作されています。安っぽいビニール素材ではなく、側面のラインまで本革なので高級感があります。

日本製でこれだけ手間ヒマかけて作っているのに¥ 15000(税抜)というのもオススメポイント。私もネイビーのものを5年以上愛用しています。

日本製のお洒落スエードスニーカー。Panther(パンサー)「GT DELUXE “made in JAPAN”」 
日本製のお洒落スエードスニーカー。Panther(パンサー)「GT DELUXE “made in JAPAN”」 
目次Panther(パンサー)メイドインジャパン!「GT DELUXE “made in JAPANR.....

 

オススメモデル:PANTHER JOGGING