Panther(パンサー)

1964年、東京オリンピックの年に誕生したスポーツシューズブランド「Panther (パンサー)」。オリンピックの開催によってスポーツ競技人口が増加することに着目し、トレーニングシューズを開発しました。

ブランド名の「Panther(黒豹)」をイメージした俊敏さに溢れるデザインと軽快なフォルムで、1970年代にはトレーニングシューズの代名詞として多くのトップアスリートから愛用され、また、全国の学校指定靴としても幅広い層から愛されました。

時代の流れとともにブランド休止していましたが、2016年に復刻モデルとともに復活。復刻モデルはデザインが現代的にアップデートされることが多い中、オリジナルのディテールをを忠実に再現しています。

 

メイドインジャパン!「GT DELUXE “made in JAPAN”」

出典:http://special.shoesmaster.jp/contents/0109.html

復刻したパンサーにはいくつかモデルがありますが、私のオススメは「PANTHER GT DELUXE」です。

Panther GT Deluxe」は1977年にトレーニングシューズとしてリリースされました。スエードをアッパー素材に採用し、側面の白い補強パーツが機能性とデザイン性において、パンサーのアイコンになっています。

2016年に満を期して復活を果たした「Panther GT Deluxe」はMade in Japan(メイドインジャパン)。福島県にある工場で、裁断、縫製、成型まで60の工程を経て製作されています。

 

 

 

1.アキレス腱を保護する「ドッグイヤー」

「ドッグイヤー」と呼ばれるヒールタブを付けており、スムーズな足入れとアキレス腱の保護の役割を果たします。一般的なスニーカーには見られない特徴の一つです。

 

2.アッパーのスエード染色加工

アッパー素材に採用されているスエードには、クオリティーコントロールが難しく、個体差が出てしまうため一般的に採用を見送る事の多い「染色加工」を施しています。これにより、オリジナルカラーからインスパイアされたカラーリングのまま、深みのある色合いを表現することができています。また、側面のストライプには上質なスムースレザーを採用しています。

 

3.機能性に特化したインソールとアウトソール

インソールには、「衝撃吸収性」、「耐久性」、「通気性」、「防臭性」に優れるOrthoLite(オーソライト)社製のオープンセルポリウレタンを使用しています。アウトソールには、軽量性や耐摩耗性に優れたスポンジソールを採用しています。

 

 

「GT DELUXE NVY/WHT(ネイビー)」を5年間履いた感想

スエードスニーカーを復活させる!水洗い、栄養補給、色落ちの補色のフルメンテナンス
スエードスニーカーを復活させる!水洗い、栄養補給、色落ちの補色のフルメンテナンス
目次ケアを怠ってボロボロに色あせしたスエードスニーカースエードスニーカーを復活させる!水洗い、栄養補給、色落ちの補色のフ.....

2016年に復刻版が販売されるという記事を見かけ、その見た目に一目惚れして大学2年の誕生日に購入した「GT DELUXE “made in JAPAN” NVY/WHT」。誰とも被らず、素材がスエードで子供っぽくないところが好みで、それまでスニーカーを履かなかった私のお気に入りになりました。

 

素材の良さを活かしたシンプルなデザイン