LA ROCHE POSAY(ラ ロッシュ ポゼ)

LA ROCHE POSAY(ラ ロッシュ ポゼ)」は1975年に敏感肌のためのスキンケアブランドとしてフランスで誕生しました。

ターマルセンターでの水を用いたケアは、フランスでは公式に皮膚をすこやかに導くケアとして認められています。
引用元:https://www.laroche-posay.jp/?s=about/index#movie

ブランド名の「ラ ロッシュ ポゼ」は、フランス中西部の村の名前に由来します。皮膚に異常のあった馬が泥水で満ち、皮膚が回復したという「ラ ロッシュ ポゼ」の湧水を研究したのが始まり。19世紀にナポレオンがエジプト遠征から帰還した兵士の皮膚治療のため設立した研究施設を前身として、1905年にラ ロッシュ ポゼ ターマルセンターが完成しました。そして、薬剤師ルヴァイエ氏が1975年にラ ロッシュ ポゼ ラボラトリーを設立しました。

ちなみに、ラ ロッシュ ポゼでは、この湧水(ターマルウォーター)をボトリングした顔・ボディ用ミスト状化粧水を販売しています。ただの水といえば水ですが、1700年かけてゆっくりにじみ出た水のため、希少なミネラル成分が含まれており、肌に有益な役割を持つ皮膚常在菌(美肌菌)の栄養素となる「セレン」を豊富に含むため、肌の状態を整え、やわらげ、ほてりを鎮める作用や、肌の老化を防ぐバリア機能等、皮膚病治療の補助として有用であることも実証されています。

ブランドコンセプトは「敏感な肌と毎日に、確かな自信を」。

LA ROCHE POSAY(ラ ロッシュ ポゼ)の製品は、安全性、有用性、必要最低限の3つの理念のもと、敏感肌について日々研究を重ね、安全性が高く、刺激を与えにくい、必要最小限の成分を配合しています。また、時間が経っても、処方の安定性が守られるようなパッケージを採用しています。LA ROCHE POSAY(ラ ロッシュ ポゼ)の製品は、現在世界82カ国90,000人以上の皮膚科医が採用しています。

 

 

日本には2003年から販売をスタートさせ、敏感肌用の日やけ止め、ミスト状化粧水、保湿クリーム、メイク落とし・クレンジング、美容液、ボディウォッシュ、ボディ用クリーム、リップケアなどを展開しています。

 

日焼け止めはどのスキンケアよりも重要

8月から日差しが強くなって参りました。学生の頃は日焼けしてこんがり肌が風物詩でしたが、今では紫外線が肌に与えるダメージの恐ろしさを学び、日焼けに気をつかうようになりました。

いくら日々のスキンケアで高い化粧水や美容液を使って入念に手入れしても、ノーガードの肌に強い日差しを受けて肌を傷めてしまっては意味がありません。「日焼け止めはどのスキンケアよりも重要。肌の老化防止に効果的である。」と言われています。

夏場に限らず、紫外線は年中降り注ぐため、一年を通して日焼け止めをするのが理想と言われています。私は顔の日焼け止めに、以前紹介したラロッシュポゼの「シカプラスト バーム B5 SPF50」を使用しています。

肌再生クリーム「LA ROCHE POSAY(ラ ロッシュ ポゼ) シカプラスト バーム B5 SPF50」
肌再生クリーム「LA ROCHE POSAY(ラ ロッシュ ポゼ) シカプラスト バーム B5 SPF50」
LA ROCHE POSAY(ラ ロッシュ ポゼ) 「LA ROCHE POSAY(ラ ロッシュ ポゼ)」は1975年に.....

 

私は面倒くさがりなので、冬場は腕、足、首など体に日焼け止めを塗ることはしませんが、夏場は露出も多くなるので、肌を守る必要があります。日焼け止めクリームは選びきれないほど販売されていますが、今回、ラロッシュポゼの日焼け止め乳液を購入してみました。

 

日焼け止め乳液「アンテリオス XL 50 ローション 100ml」