davines(ダヴィネス)

ダヴィネスグループは「美食の都」として知られている北イタリアのパルマで1983年に創設されました。パルマに点在するガラスの香水瓶を製造するアトリエを前身としている、商品企画、研究開発、製造からラベリングに至るまで、一貫した製品作りを行っています。

1993年にヘアケアブランド「davines(ダヴィネス)」、1996年にスキンケアブランド「comfort zone(コンフォートゾーン)」を立ち上げ、現在世界90カ国以上で販売されています。

引用元:http://www.davines.jp/

 

日本でもヘアサロンを中心に取扱いが増えており、美容師やお洒落感度の高いインフルエンサーから支持されているヘアケアブランドとなっています。雑誌やSNSを中心に口コミが広がっているため、商品を見たことのある方も多いのではないでしょうか。

 

AUTHENTIC(オーセンティック)シリーズ

引用元:http://www.davines.jp/authentic/

 

ダヴィネスのヘアケア商品はいくつかのシリーズに別れています。

AUTHENTIC(オーセンティック)は、98%以上が植物由来成分で構成されており、髪だけでなく全身に使えるオーガニックな商品が中心のシリーズです。シリーズ全商品に配合されているベニバナ油をはじめ、セサミオイル、ひまわり油、ホホバオイル、シアバターの保護力と保湿力が乾燥によるトラブルから髪や肌を守ります。パラベン、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム、人工着色料、シリコーン、鉱物油、合成ポリマーは不使用。

 

私のスタイリング剤の使い分け事情

ファッションと同じく髪のスタイリング事情は人それぞれだと思います。私の場合は、休日に外出する時やスーツを着る時はジェルで七三分けにするのが今の好みです。

キラキラした場所であれば、お洒落して出かけたいので、お気に入りの洋服に髪型はジェルでしっかりきめていくのですが、初任配属の現在の職場ではお洒落する理由があまりないため、ファッションや髪のスタイリングも手抜きです。

スーツやジャケパンでバシッと決めるときだけジェルを使って、それ以外では髪に何も付けずに出勤していました。しかし、髪に何も付けないのはなんとなく落ち着かない。「わざわざワックスやジェルを使うほどではないけれど、自然な形で髪のスタイリングができたら良いな」と思っていたときに、ツイッターで見かけたのがダヴィネスのオーセンティックバターでした。

 

ダメージヘアに潤いを。「オーセンティックバター 200ml」

SNSで見かけたあと、いつものようにベルコスメで探して見つけたのですが、定価より安く買えるということもあって、人気商品でずっと売り切れ状態でした。そして先日、やっと再入荷したので「オーセンティックバター(AUTHENTIC REPLENISHING BUTTER) 200ml」を購入できました。

 

  • 商品名:ダヴィネス オーセンティック バター
  • 容量:200ml
  • 成分:水・炭酸ジカプリリル・セテアリルアルコール・ホホバ種子油・グリセリン・カプリル酸ヤシ油アルキル・セテアリルグルコシド・サフラワー油・ゴマ種子油・ステアリン酸グリセリル・シア脂・ヒマワリ種子油・トコフェロール・ベヘントリモニウムメトサルフェート・ベンジルアルコール・ソルビン酸K・リモネン・リナロール・ゲラニオール・シトロネロール・香料
  • 生産国:イタリア
  • 価格:¥3,630 (税込)

 

オーセンティックバターの使い方