gaimo(ガイモ)

gaimo(ガイモ)は、スペインのラリオハ州のアルネドでホセ・ルイスにより1975年に創設されたCalzados Gaimo社(カルザドス・ガイモ社)が1978年にスタートしたシューズブランドです。特にエスパドリーユ(ジュート(麻)で編んだソールを使用した靴)がブランドの看板になっています。

 

引用元:https://www.gaimo.com/en/brand/

現在は2代目の長男が引き継ぎ、4人の娘がデザイナーなどを手がけています。

 

エスパドリーユ

エスパドリーユは、アウトソールがジュート(麻)を編み込んだ縄で作られているのが特徴の靴です。フランスやスペインの船員などが履いていたもので、現在はリゾート地や夏場に履くものとして人気です。

ひもや留め具の無い靴スリッポンのデザインのものが主流ですが、エスパドリーユにはサンダルタイプやタッセル付きのもの、スエード素材やレザー素材などバリエーションが豊富です。

 

エスパドリーユの魅力

一昨年前はファッション雑誌にも取り上げられてブームになっていたエスパドリーユですが、最近はBIRKENSTOCKをはじめとしてサンダルが流行りの印象です。しかし、エスパドリーユにはサンダルにない魅力がたくさんあります。

 

上品なのに楽

サンダルはカジュアル過ぎて、クラシックファッションに合わないため個人的に好みではありません。しかし、エスパドリーユはリゾートシーンで履くイメージがあるためか、リラックスした見た目なのにどことなく上品です。

イタリアのクラシックパンツにスニーカーやサンダルを合わせると、クラシックとカジュアルが混ざってチグハグ感満載なのですが、エスパドリーユを合わせると違和感がありません。毎回革靴を履くのは大変なので、その点でエスパドリーユはとても使い勝手が良い靴です。

また、紐を結んだりする必要がないため、近所に出かける際に気軽に履いて出かけることができる使いやすさも魅力です。もともとは素足で履くものですので、気にならなければ裸足で履いて涼しさを感じることもできます。

 

持ち運びやすい

エスパドリーユのアッパー素材は色々ありますが、総じて薄いため、アッパー部分を潰して折り畳むことが可能です。そのため、とても持ち運びやすいのが特徴です。ソールは少し重みがありますが、厚さで言えばどの靴よりもスペースを取りません。旅先に持って行きやすい靴です。

 

安い

エスパドリーユは安さも魅力の一つ。スニーカーは高い物だと数万円しますが、エスパドリーユはブランド物でも1万円台のものが多く、コスパが高いです。

 

エスパド