Johnstons(ジョンストンズ)

Johnstons(ジョンストンズ)は1797年にスコットランドの北東に位置するエルガンで創業しました。
200年以上にわたってカシミヤをはじめとする高級素材を使った生地、スカーフ、マフラー、ニット、インテリア用品まで作り続けています。原毛の厳選、紡績、機織、ニッティングまで一貫してエルガンとホーイックの2つの工場で750人の職人と最新の設備を活用して自社で手がけています。

 

高品質へのこだわり

カシミヤは、その希少性から一般的に高級素材とされます。
カシミヤゴート1頭から約125グラム収穫されます。マフラーをつくるのに1頭分、セーターで2〜3頭分、コートには最低24頭分の原毛が必要なのだとか。

Johnstons(ジョンストンズ)では、まず、収穫された原毛を購入します。原毛の状態では絡み合い、汚れており、粗い外毛も混じっています。 今ではカシミヤの原毛は選毛された状態で売買されるのが一般的ですが、 Johnstons(ジョンストンズ)は繊細な下毛だけを厳選するために、選毛の工程から自社で取り掛かります。このおかげで製品の品質を保ち続けています。

その後、原毛を染めるトップダイドと呼ばれる手法で原毛を染め、絡み合った原毛をほぐして梳き、繊維方向を揃えます。織り方は縦糸に横糸を水平に横切りしながら挿入していく手法を用います。最後に洗いをかけて余分な油や汚れを取り、幅を整えながら乾燥させてカッティング、プレスなどの工程を経て商品となります。

 

 

英国王室御用達「ロイヤルワラント」

世界各国の王室に商品を納入しているブランドに与えられる「王室御用達」の認定ですが、特にイギリス王室の「英国王室御用達(ロイヤルワラント)」は代表格。

厳しい審査や管理を経て、王室が実際に使用し、英国王室に最低5年以上納品している実績があるものから英国女王、エディンバラ大公、ウェールズ公が認めたものだけにそれぞれの紋章が与えられます。認定されたブランドは与えられた紋章(最大3つ)を掲げることができます。5年ごとに審査があり、常に高品質の商品を提供することが求められます。

左からライオンとユニコーンが描かれたエリザベス女王の紋章、血縁関係のあるデンマークとギリシャをモチーフにしたエディンバラ公(フィリップ殿下)の紋章、王冠に3本の羽根をあしらったチャールズ皇太子の紋章。

Johnstons(ジョンストンズ)はジョンストンズ製品の愛好家だったチャールズ皇太子からロイヤルワラントを授けられています。

 

1つは持っておきたいブラックウォッチのメンズマフラー

最初のカシミヤマフラーはJohnstons(ジョンストンズ)で買うと決めており、大学4年の冬に念願叶って購入しました。英国といえばこの柄!「ブラックウォッチ」です。

チェック柄のマフラーは女性に似合うデザインが多いですが、このブラックウォッチはメンズにも似合います。

小判サイズ(180×26cm)

大判サイズ(190×70cm)