G.B.KENT(ジービーケント)

G.B.KENT(ジービーケント)は、1777 年にウィリアム・ケントによってロンドンで創業したブラシメーカーです。 現在も近代的な設備を取り入れながらも、製造過程の多くを手作業で行なっています。創業時のイギリス国王ジョージ3世の時代から現在のエリザベス2世に渡り、王室御用達メーカーとして「英国最高のブラシ」を作り続けています。

G.B.KENT(ジービーケント)は、歯ブラシも有名で、国王ジョージ4世に歯ブラシを献上したこともあります。

240年以上の歴史は英国のブラシ製造業者のなかで最も長く、現在では250種類以上のブラシを作っています。(年間100万本のヘアブラシ、50万本以上のハンドメイドコームなど。)ほとんどのブラシ製品が 12工程(なかには 20工程も)を経ており、カット / 型作り / 植毛 / 仕上げ / 検査 / 磨き上げなどが含まれます。

 

 

池本刷子工業 ケント静電気除去洋服ブラシ KNC3422 

池本刷子工業 ケント静電気除去洋服ブラシ KNC3422」は池本刷子がG.B.KENT社とライセンス契約を交わし、池本刷子が製造しているもの。つまり、英国製ではありません。
  • サイズ:幅6.7cm×奥行き5.1cm×長さ27.2cm
  • 重量:約131g
  • 材質:本体/天然木、植毛台/ABS樹脂、毛/天然毛(白馬毛)、銅イオン含浸アクリル繊維、ヒモ/アクリル繊維
  • 生産国:日本

 

本家ではなくライセンス商品を購入した理由

本物志向の強い私がこちらのライセンス商品を購入した理由は、馬毛の洋服ブラシが本家G.B.KENT(ジービーケント)で取り扱っていなかったから。

毛の柔らかさは、柔らかい順に 羊毛>馬毛>豚毛 です。

洋服、特にデリケートなカシミアなどは羊毛、もしくは馬毛でブラッシングします。G.B.KENT(ジービーケント)で取り扱う洋服ブラシはほとんどが豚毛ブラシだったため、こちらのライセンス商品を購入しました。あとは安くてレビュー評価も高かったのも理由です。

 

「G.B.KENT(ジービーケント)のライセンス商品です」の表記。

 

外側の毛が天然毛(白馬毛)で、内側が銅イオン含浸アクリル繊維となっています。

 

静電気除去能力