グンゼ

グンゼ株式会社は、1896年に京都で創業したインナーウェアを販売する日本の繊維製品メーカー。大阪府大阪市北区に本社があります。

製糸業にはじまり、品質を重要視して日本で初めて肌着・下着の一貫生産に着手した企業です。今では「the GUNZE」「BODY WILD」「YG」「SEEK」といった自社ブランドをはじめ、様々なアパレルブランドのインナーウェアも手がけています。『明日をもっと、ここちよく』というコンセプトでブランドイメージを統一しています。

 

the GUNZE

 

引用元:http://www.the-gunze.com/index.html

ここちよい、綿のやさしさ。メイドインジャパンのグンゼクオリティ

一日の長い時間をともに過ごす、下着。肌に直接ふれるものなのに、その重要性に気づいていない人が多いのも、また事実です。素肌服をコンセプトに、下着に求められている機能をゼロから見直し、下着づくりの技術のノウハウを集めて開発したのが、「NEXTRA-COTTON®/ネクストラコットン®」です。コットンのよさはそのままに、綿そのものの性能をさらに高め、これまでのものとは一線を画した、新しい着用感と快適性を実現。その新しいコットンから「the GUNZE」は誕生しました。

グンゼの主力自社ブランド「the GUNZE」はメイドインジャパンの綿素材下着ブランド。グンゼが綿の性能を高めた独自素材「ネクストラコットン®」を使用しています。

 

①優れた汚れ落ち

グンゼの特許技術で綿繊維をナノレベルで改良し、親水性にすることで、綿繊維に引き寄せられた水分子が汚れを押し出す性能を付与。水だけで洗濯しても、皮脂などの汚れが落ちます。また、すすぎ性能が良く、洗剤を使用した時の残留洗剤が少ないのが特長です。

②蒸れにくい

普通の綿に比べて吸汗速度が30%、吸湿性は25%アップしているため、汗をスピーディに放出して蒸れにくく、立体的なフィット感を実現しています。

③高い消臭効果

汗臭さの原因であるアンモニアなどの臭い成分を90%カット。この高い消臭性能は100回洗濯しても衰えません。

④型崩れしにくい(防縮性能と形態安定性)

生地を無駄に引っ張らないで自然な状態で縫製しているため、生地に余分な力が残っていません。そのため、洗濯で縮みにくく、乾燥機を使っても型崩れしにくいです。「the GUNZE」では、独自技術である防縮乾燥と防縮仕上げにより、化学薬品に頼らずに、優れた防縮性能と形態安定性を実現しています。

⑤洗濯タグを転写プリント

洗濯タグが肌に触れて、チクチクしたり、かゆくなったりした経験はありませんか?そこで、洗濯タグを転写プリントにすることで刺激を軽減。

 

「the GUNZE」には4つのラインがあり、定番の「STANDARD(スタンダード)」、季節に合わせた着心地の「SEASON(シーズン)」、有機栽培した綿を使用した「ORGANIC(オーガニック)」、シルクのような超長綿を使用した「TAKUMI(匠)」があります。

 

SEEK(シーク)

SEEKはグンゼの技術と素材を集約して着心地を追求したグンゼメンズラインのプレミアムブランド。「カットオフ®/CUT OFF®」という生地の端を折り返して縫わず、切りっぱなしの状態で仕上げて襟・袖口・裾に縫い目がない、下着ラインがうつりにくい商品や、「完全無縫製」という縫わずに生地をつなぎ合わせる接着技術により、縫い目をなくした商品など素材や技術にこだわりのあるメンズインナーウェアが並ぶ。

 

ワイシャツを着るならベージュ色のシャツ一択

インナーシャツを選ぶ際、ファッション性、見た目、汚れの目立ちにくさから黒色のシャツを選ぶ方が多いと思います。もしくはなんとなく無難な白色のシャツを選んでいるかもしれません。

私はワイシャツを着る社会人にはベージュ色のインナーシャツを買うことをオススメします。なぜなら、「一番透けにくい色だから」。