Finamore(フィナモレ)

Finamore(フィナモレ)は1925年にイタリア、ナポリで創業したシャツメーカー。

カロリーナ・フィナモレが小さなアトリエを開き、フルハンドメイドの仕立てシャツを一握りの限られた顧客のために作っていたのがブランドの始まりです。彼女の技術は息子のアルベルトとその妻ステファニアへ引き継がれ、1960年代にサン・ジョルジョ・ア・クレマーノに新たに開いたアトリエから規模を拡大し、ハンドメイドシャツメーカーになっていきました。現在は3世代目のシモーネ、パオロ、アンドレアがシャツ作りを続け、ジャケットやネクタイなど商品ラインナップを広げています。

ナポリシャツメーカーらしく、シャツの細部が手縫いのため、柔らかい風合いに仕上がっており、着心地の良さに虜となる愛用者も多い。ドレスシャツは120番手以下の生地は使用しないというこだわりもあるとか。日本の百貨店やセレクトショップでも取扱いが多く、近年はカジュアルシャツの人気も高いブランドです。

 

 

Finamore(フィナモレ)|オックスフォードシャツ「TRIESTE(トリエステ)」購入レビュー

  • ブランド:Finamore(フィナモレ)
  • モデル:TRIESTE 012113 A8124 01
  • 素材:コットン(綿)100%
  • 柄:無地
  • 生地:オックスフォード
  • サイズ:37
  • 生産国:イタリア
  • 定価: ¥42,000(税込)

GILTでフィナモレのカジュアルシャツを購入。定番で使いやすい白シャツです。白シャツは安物しか持っていなかったので散財してしまいました。初めてフィナモレのシャツを購入してから間もないですが、既に4着目です。

Finamore(フィナモレ)|手縫いが目立つカジュアルシャツ(ストライプ) 購入レビュー
Finamore(フィナモレ)|手縫いが目立つカジュアルシャツ(ストライプ) 購入レビュー
Finamore(フィナモレ) Finamore(フィナモレ)は1925年にイタリア、ナポリで創業したシャツメーカー。 .....

 

フィナモレは、着丈、襟型、ボディシルエットなど部位によってそれぞれモデル名が付いています。

「TRIESTE / SIMONEINTERNO-P / J-TONDO」

モデルTRIESTE日本人向けに袖丈を2cm短くしたモデル。
SIMONEフィナモレを代表するカッタウェイの襟型。
着丈INTERNO着丈がやや短めでタックイン、タックアウトどちらも様になるモデル
ボディJ-TONDOややタイトめなボディシルエット。背面にダーツがありませんが、肩から裾へ流れるように細くなっています。

SIMONE(シモーネ)はカッタウェイの襟型の流行に一役買った人気襟型。

 

3箇所(袖付け・ボタン付け・ガゼット)が手縫いで洗いを掛けたフィナモレ定番のカジュアルシャツラインです。

 

「特別な仕上げで洗い上げた風合いにしているから小さなキズや裂けは味だと思ってね。直射日光にさらさずに洗濯タグに従って洗うこと」と書いてあります。

何ともイタリアらしい適当さ笑  目立つキズや裂け目はありませんでした。

 

見た目は普通の白シャツ。生地はやや肉厚なオックスフォード。張りがあり丈夫そうです。サラッとした肌触りで1年を通して着ることができ、やや起毛感もあり、カジュアルな印象を受けます。

 

ディテール

フィナモレのカジュアルラインのシャツのタグにはナポリ王宮の為に作られた、「巨人の噴水」が描かれています。

 

ボタン

フィナモレのカジュアルシャツは大きめの高瀬貝が使われていることが多いのですが、このシャツはドレスラインと同じ、finamoreの文字が印字された白蝶貝のボタンです。これが購入の決め手でした。

光が当たるとキラキラと虹色に輝き、ボタンの厚みも割れにくさとボタンの掛けやすさを両立した案配です。

 

ボタンの縫い付けは手縫い。ザンパテグリアート(千鳥掛け、鳥足掛け)で根巻きされています。

 

ボタンホール