Finamore(フィナモレ)

Finamore(フィナモレ)は1925年にイタリア、ナポリで創業したシャツメーカー。

カロリーナ・フィナモレが小さなアトリエを開き、フルハンドメイドの仕立てシャツを一握りの限られた顧客のために作っていたのがブランドの始まりです。彼女の技術は息子のアルベルトとその妻ステファニアへ引き継がれ、1960年代にサン・ジョルジョ・ア・クレマーノに新たに開いたアトリエから規模を拡大し、ハンドメイドシャツメーカーになっていきました。現在は3世代目のシモーネ、パオロ、アンドレアがシャツ作りを続け、ジャケットやネクタイなど商品ラインナップを広げています。

ナポリシャツメーカーらしく、シャツの細部が手縫いのため、柔らかい風合いに仕上がっており、着心地の良さに虜となる愛用者も多い。ドレスシャツは120番手以下の生地は使用しないというこだわりもあるとか。日本の百貨店やセレクトショップでも取扱いが多く、近年はカジュアルシャツの人気も高いブランドです。

 

 

Finamore(フィナモレ)のハンドメイド箇所

襟付け
袖付け、アームホール前振りの袖付け。アームホールが深い。
ナポリの伝統技法「マニカカミーチャ(雨降り袖)」
剣ボロカンヌキ止め
ボタン白蝶貝のボタンをザンパテグリアート(千鳥掛け、鳥足掛け、百合付け)で縫い付け、根巻きしている。
ボタンホール
ガゼットフィナモレの「F」が刺繍されている
前身ヨーク(肩)

※ラインや商品によってハンドメイド箇所や数は異なります。

 

Finamore(フィナモレ)|カジュアルシャツ(ストライプ) 購入レビュー

  • ブランド:Finamore(フィナモレ)
  • モデル:TOKYO-SERGIO-Z TONDO 01
  • 素材:コットン(綿)100%
  • 柄:ストライプ
  • サイズ:37
  • 生産国:イタリア
  • 定価: 不明(約4万円)

日本でも高級イタリアシャツとして有名なフィナモレ。GILTのセールでカジュアルシャツとドレスシャツを1着ずつ購入したので、今回はカジュアルシャツのほうをレビューします。

 

着丈、襟型、ボディシルエットにそれぞれモデル名が付いています。

TOKYOフィナモレの標準着丈。着丈が長すぎず短すぎず、タックイン、タックアウトどちらも様になる。
SERGIOフィナモレ定番の襟型。ホリゾンタルカラーで台襟が4.5cmと高く、流れるような襟にイタリアらしい色気を感じる。
TONDOややタイトめなボディシルエット。背面にダーツがないが、肩から裾へ流れるように細くなっている。

 

New Vintage(ニューヴィンテージ)ライン

フィナモレはラインごとにタグのデザインが異なります。このシャツは、最近できた新しいライン「New Vintage(ニューヴィンテージ)」のもの。

ハンドメイド工程に拘った、ナポリブランドらしいディテールが楽しめるコレクションです。現在、百貨店などで多く取り扱われている「スポーツライン」と呼ばれるカジュアルシャツが「アームホール」、「ボタン」、「ガゼット」の3箇所のみ手作業で仕上げているのに対し、この「New Vintage(ニューヴィンテージ)」は3箇所に加えて、「襟回り」、「襟付け」、「ヨーク」、「ボタンホール」、「かんぬき」の計8箇所が手縫いとなっています。

また、たっぷりといせ込んだ肩先にギャザーを寄せた「パフスリーブ」、さらには背ヨークにもギャザーを施し、広い可動域で動かしやすいフィット感を実現しています。襟周りはハンドステッチが目立ちます。

 

柄は太めのストライプ。通年で着れそうな中肉シャンブレー生地のコットン100%。

 

シャンブレーとは<