DENTS(デンツ)

DENTS(デンツ)は1777年に英国の都市ウースターでジョン・デントが創業。革の鑑別と裁断技術において他の追随を許さない職人技を持っていたデンツが作る手袋は、手袋をしている感覚を忘れるほどのフィット感があり、世界最高級の革手袋として有名になりました。

 

240年以上代々受け継がれる職人技

DENTS(デンツ)で手袋カッター(裁断士)になるためには、数年間マスターカッター(親方裁断士)の下で修行を積む必要があります。カッティング以外にも、一組の手袋を作るのに32工程があり、その殆どが職人の手作業です。これらの伝統ある製法技術を240年以上にわたって代々受け継ぎ、現在はウィルトシャー州ウォーミンスターにある工場で世界一有名な高級手袋を生み出しています。

 

最高級皮革とライニングの素材へのこだわり

濃淡、色合い、天然の傷、シワなど個体によって品質が異なる天然の皮は大量生産の素材にはない唯一無二のものです。その性質故、高級革手袋に見合う素材選びから熟練の技が必要となります。
DENTS(デンツ)の革バイヤーと選別士が個々の革片を丹念に選び抜き、検査し、等級をつけます。この技術と知識は機械化されておらず、職人の経験と研ぎ澄まされた眼で、革のきめ細かさ、感触、厚み、耐久性を見極めます。

ペッカリー

引用元:http://www.dents.jp/story/material.html

南米の熱帯雨林に生息する野生の猪豚に似た哺乳類ペッカリー。
銀面(革表面)には3つの連なった特徴ある毛穴があり、その革は厚みがあるにも拘わらず素晴らしい柔らかさをあわせ持ちます。水汚れにも強く、硬くなりにくい性質もあります。使い始めは非常に美しい光沢があり、長く愛用していくとまた違った味わいになるデンツを代表する高級皮革です。野生動物のため、なめし革にしても小さな傷が残ります。これこそ野生ペッカリーの証明と言えます。製品、そのパーツは使用される部位により艶や色、シボ(模様)はそのグローブ唯一ものです。

ディアスキン

引用元:http://www.dents.jp/story/material.html

ディアスキンとは鹿革のことをいい、
デンツでは光沢のある銀面層を持つ 最高級の北米産の鹿革が使われます。
数ある皮革材料の中でも非常に丈夫でありながら、
とてもきめが細かく柔らかいという特徴を持っています。
グローブの素材に最も適したレザーの一つです。

ヘアシープ

引用元:http://www.dents.jp/story/material.html

エジプト周辺の砂漠地帯に生息する特殊な羊の皮革。
非常に薄く柔らかくなめすことが出来、肌に吸い付くように滑らかで
シルキーな感触をもち、その使い心地は最高です。
デンツのヘアシープ グローブのほとんどは、
世界有数の高品質レザーを製作する 英国の名門ピタード社のレザーを使用しています。

手袋のライニング(裏地)は手に直接触れる部分のため、高い保温性と極上の手ざわりが求められます。人気高いのはシルクとカシミヤ。
DENTS(デンツ)ではライニング素材で一組の手袋を作り、それを伝統的な方法で革手袋内に挿入し、ライニング付きの革手袋をつくります。2重にする事でフィット感が増します。

シルク

引用元:http://www.dents.jp/story/material.html

独特の光沢と滑らかな肌触りが特徴のシルク。
冬に暖かく夏に涼しい、皮膚に最も近い繊維として素晴らしい柔らかさを持ちます。
シルクの主成分タンパク質セリシンには、抗菌性、調湿性、吸臭性、 紫外線カットの効果なども持ち合わせています。
ライニングとして使用することで、より手に吸いつくような 一体感を感じることができるでしょう。

カシミヤ

引用元:http://www.dents.jp/story/material.html

カシミール地方に生息するとても細く長い繊維をもち、毛足の長い毛を選別すると
1頭からわずか200gほどしか採取できない貴重な素材カシミヤ。
この貴重な素材で編上げられたライニングは、 とても贅沢な温かみと軽さを持ち合わせています。
デンツ社は、カシミヤ製品で定評のあるジョンストンズ社で特注した カシミヤ・ライニングを使用しています。

ノーライニング(アンライニング)

引用元:http://www.dents.jp/story/material.html

『表面の素材をより堪能したい』というお客様にお薦めするライニングが無いもの。
直に素材に触れて頂き、繊細な指先に伝わる感触を体感することができます。
お手入れがしやすくなるので、末永くご愛用したい方にもお薦めです。

 

英国王室御用達「ロイヤルワラント」

世界各国の王室に商品を納入しているブランドに与えられる「王室御用達」の認定ですが、特にイギリス王室の「英国王室御用達(ロイヤルワラント)」は代表格。

厳しい審査や管理を経て、王室が実際に使用し、英国王室に最低5年以上納品している実績があるものから英国女王、エディンバラ大公、ウェールズ公が認めたものだけにそれぞれの紋章が与えられます。認定されたブランドは与えられた紋章(最大3つ)を掲げることができます。5年ごとに審査があり、常に高品質の商品を提供することが求められます。