CLINIQUE(クリニーク)

クリニーク ラボラトリーズ(Clinique Laboratories)、通称「CLINIQUE(クリニーク)」は、ニューヨークに本拠を置く、エスティローダー カンパニーズ傘下の化粧品ブランド。

1967年に雑誌「VOGUE」に掲載された皮膚科医ノーマン・オラントラック博士と編集者キャロル・フィリップスの対談記事「美しい肌は作り出すことができるのか?(Can Great Skin Be Created?)」でオラントラック博士が医学的見地から「美しい肌は自分の意志でつくり出せる」と化粧品を語ったことで、この記事に深く共感したエヴリン・ローダーの働きかけにより、1968年に「CLINIQUE(クリニーク)」が誕生しました。ブランド名は「美容クリニック」(Clinique Esthetique)に由来します。

創業同年に世界に先駆けて低刺激でシンプルなスキンケア商品を販売し、角質ケアや紫外線対策の重要性を提唱しました。現在に至るまで一人ひとりの肌質に合った製品を提案し続けています。

 

CLINIQUE(クリニーク)のこだわり

肌質は十人十色。誰が使っても肌への刺激にならないよう、CLINIQUE(クリニーク)の製品は全てアレルギーテスト済み。一つの製品を作るときに600名を対象に各12回、合計で7200回のアレルギーテストを行っているそうです。また肌に刺激を与える要因となる、パラベン(防腐剤)、フタル酸エステル、香料は使用していません。「洗う」「ふき取る」「潤す」のシンプルな3ステップ スキンケアで、様々な肌質に合わせて製品ラインナップが充実しています。

グローバルアンバサダーは女優のエミリア・クラークさん。

 

究極の保湿美容液「モイスチャー サージ ハイドレーティング コンセントレート」

前回紹介したCLINIQUE(クリニーク)の乳液「ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション プラス(DDML+) 125ml」と一緒に美容液「モイスチャー サージ ハイドレーティング コンセントレート 48ml」を購入しました。

【レビュー】CLINIQUE(クリニーク)|混合肌にもオススメな保湿乳液「ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション プラス(DDML+)」
【レビュー】CLINIQUE(クリニーク)|混合肌にもオススメな保湿乳液「ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション プラス(DDML+)」
CLINIQUE(クリニーク) クリニーク ラボラトリーズ(Clinique Laboratories)、通称「CLIN.....

価格の変動がありますが、定価7,590円のデパコス美容液が2600円ほどで購入できました。ベルコスメありがとう!

 

ベルコスメでは「砂漠肌が猛スピードで潤い肌にチェンジ!」なんていう謳い文句で販売されていますが、どうやら保湿力がかなり高いようです。

 

引用元:https://www.clinique.jp/product/13303/45043/moisture-surgetm-hydrating-supercharged-concentrate

 

成分

水,グリセリン,BG,フェニルトリメチコン,プロパンジオール,スクロース,ヒドロキシエチルウレア,アルテロモナス発酵エキス,加水分解コメエキス,アセチルグルコサミン,トレハロース,アルゲエキス,カフェイン,コレステロール,アロエベラ葉水,ヒアルロン酸Na,テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチ(C10-30),クロスポリマー,ソルビトール,ポリアスパラギン酸Na,酢酸トコフェロール,カルボマー,デヒドロキサンタンガム,クエン酸,アスコルビン酸テトラヘキシルデシル,オキシベンゾン-4,テトラ(ジ-t-ブチルヒドロキシヒドロケイヒ酸)ペンタエリスリチル,水酸化Na,クエン酸Na,EDTA-2Na,NHT,クロフェネシン,フェノキシエタノール,赤504,黄4

イギリス製。

 

使用方法

朝と夜、3ステップ スキンケア(ソープ・ローション・乳液)の後、適量を顔全体になじませる。

美容液は乳液の前に馴染ませるのが一般的ですが、これは乳液の後に使うみたいです。最初の頃は順番間違えて使っていました…。

 

2週間使ってみた感想