土屋鞄製造所

1965年にランドセルづくりから始まった日本のレザーグッズブランド。大人向けランドセルの火付け役にもなり、今も高級ランドセルブランドとして高い知名度を誇ります。2000年ごろから大人向けの革製品の製造を開始し、人気に伴い店舗数を拡大しています。

 

メイドインジャパン

商品の企画から販売まで一貫してメイドインジャパン。レザーの素材にこだわったシンプルかつ上品なデザインも人気の理由の一つです。

土屋鞄製造所

鞄職人の確かな手仕事で仕立てる、上質なレザーアイテム

 

商品の写真、カタログが洗練された雰囲気で、個人的にブランドPRが上手いブランドだと感じています。ぜひ製品一つ一つの写真にこだわった公式サイトやインスタグラムもチェックしてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

土屋鞄製造所さん(@tsuchiya_kaban)がシェアした投稿

 

【購入レビュー】ナチューラ ヌメ革 ファスナーペンケース

ナチューラ ヌメ革ファスナーペンケース – 土屋鞄製造所

ペンを出すたび愛着が増す、幅広いシーンで使えるシンプルな形。

 

ペンを出すたび愛着が増す、幅広いシーンで使えるシンプルな形。

バッグの中にスッと収まり、革の上質感が素直に伝わってくるスマートでシンプルな形。気軽に持ち歩け、手に取るだけでも楽しくなるペンケースです。素材の「ヌメ革」は自然で素朴な風合いと香り、そして滑らかな手触りが魅力。そんな革を継ぎ目なしで使って仕立てた丸底のフォルムは、ずっと撫でていたくなる気持ち良い握り心地です。無駄な装飾のないシンプルなデザインは「ヌメ革」の上質感を引き立て、年齢や性別、オン/オフ問わずに使用可能。手にするたび色艶が深まってくるので飽きることなく永く愛用でき、色違いで揃えたくなるペンケースです。(土屋鞄

就職活動を終えて、社会人になる前に、ちょうどバッグや靴などの革製品を揃えだした頃に、エイジング(経年変化)を楽しみながら長く愛用できるレザーペンケースを探していました。海外ブランドも見ましたが、土屋鞄のペンケースはシンプルなデザイン手頃な価格設定が魅力的で購入を決意しました。

私が目を付けていた海外ブランドのペンケースは2万円前後のものが多く、その中で当時5000円(現在7700円)は比較的安価でした。

 

人気商品で常に売り切れ状態だった

2018年12月〜1月頃はクリスマス時期ということもあり、このペンケースが常に売り切れ状態でした。現在まで徐々に価格が上がっているのも、需要と供給のバランスを保つためでしょう。

私は当初、「チョコ」が欲しかったのですが、なかなか入荷せず、在庫があったのが「ブラウン」と「オーク」でした。自分が持っている物が暗い色のものが多かったので、たまには明るい色をとブラウンを購入しました。

 

滑らかな手ざわりのヌメ革

愛用のペンをしっかりと包む、10年20年と使い込める丈夫な「ヌメ革」。

ヌメ革とは、植物の渋の成分でもあるタンニンで鞣された、素朴な仕上げの革。ナチュラルで上質感の高い風合、牛の傷やシワ・血管や毛穴の痕などの自然な表情、素朴な革の匂い、温かな手触りを持つ最も革らしい革です。使い始めは固いですが徐々に柔らかく馴染み、使いこむほど色艶が深みを増して、非常に味わい深い風合に変わります。丁寧に使えば長年の愛用に応えてくれる、革好きに高い人気を誇る革素材です。(土屋鞄

 

8カ月使ってみた感想