ナカタハンガー(NAKATA HANGER)

洋服の帰る場所

人に帰る家があるように洋服にも帰る場所があります。
季節の移ろいとともに心を踊らせてくれる大切な洋服。
木のぬくもりを感じながら次の出番をここで待っています。

1946年に創業した中田工芸株式会社は国内唯一の木製ハンガー専門メーカー。NAKATA HANGERは職人の技によって1本1本生み出されるMade in Japanの木製ハンガーです。「洋服の帰る場所」というコンセプトで、大量生産された無機質で安っぽいハンガーではなく、木のぬくもりがあるハンドメイドのハンガーを販売しています。有名アパレルブランドや高級ホテル等で使用されています。

 

 

素材のこだわり

NAKATA HANGER 製品は主にヨーロッパ産のブナ材を使用しています。適度な硬さを持ち、均質で安定しているブナは、古くからハンガーに使用されています。技術的には他の木材でもハンガーは製造できますが、ヤニや反りが多い針葉樹だと大切な洋服や生地を痛めてしまいます。広葉樹でも重すぎたり木目が強すぎると使いやすさや美しさが損なわれてしまいます。丁寧に磨くことで滑らかな仕上がりになるブナは、洋服をかけるハンガーにとって最も適した木材です。

ナカタハンガーは1本1本がハンドメイドです。高級シリーズは厳選された一枚板を職人がフリーハンドで削り出して作ります。ナカタハンガーの原材料は天然木のため、木の目や節の向きなどを職人が確認しながら製作するため、機械で大量生産されるハンガーとは全く異なる温かみのある伝統工芸品を生み出しています。

 

ハンガーの選び方

ハンガーの種類

スーツ・ジャケットハンガー

ハンガーの肩に厚みがあり、肩に沿って湾曲したラインが洋服の型崩れを防ぎます。スーツ、ジャケット、コートを掛けるためのハンガー。

 

シャツハンガー

肩パットの入っていない春夏用の薄手のジャケット、シャツを掛けるためのハンガー。

 

ボトムハンガー

色々なタイプがありますが、私のオススメはズボンの裾やウエストを板で挟んで吊すボトムハンガー。裾側を上にして吊るすことで、ズボンの重みでシワを取り効果があります。

 

ネクタイハンガー

着用後のネクタイを休ませるには吊すのが一番。吊すことでシワが伸び、湿気を取ります。2,3日吊したら平置きにして保管します。

 

ベルトハンガー

ベルトを吊して保管するハンガー。丸めたり、棒にかけたりするのは変な曲がりクセが付くので、吊して保管するのがおすすめ。

 

肩幅に合ったハンガーを選ぶ

ハンガーの選び方で最も重要なのは肩幅。これが合わないと型崩れしてしまって本末転倒です。ジャケットの「後ろ身頃」で両肩の縫い目を直線距離で測った長さが「洋服の肩幅」です。この「洋服の肩幅」から2~4cm引いた長さが「ハンガーの肩幅」のサイズの目安となります。