英国生地メーカー「ラッシャーミルズ」

ラッシャーミルズ(LASSIERE MILLS LTD)」は、1949年に英国織物産業の聖地、ハダースフィールドで創業した老舗生地メーカー。

多くの生地メーカーが大手生地ブランド傘下におさまる中、独立体制で自社工場で一貫生産している希少なミルです。英国の伝統的な織物技術と最新のイタリアのトレンドを融合させた生地が特徴で、スティレ ラティーノなどの人気イタリアブランドにも生地を供給しています。

 

英国「ラッシャーミルズ」の生地でリングヂャケットが仕立てたスーツ

  • ブランド:SHIPS
  • 素材:表地(毛95%・モヘヤ5%)・裏地(キュプラ100%)
  • サイズ:44
  • 色:チャコールグレー
  • 柄:ピンストライプ
  • 生産国:日本
  • シーズン:春・夏
  • 定価: 74,000円(税抜)

 

日本のセレクトショップオリジナルのスーツを欲しいと思うことはほとんどないのですが、英国生地メーカー「ラッシャーミルズ」の生地を使用し、日本を代表するRING JACKETが縫製したスーツがかなり割引きされて約2万円でGILTのセールで販売されていたため、勢いで購入してしまいました。

 

RING JACKET(リングヂャケット)は、1954年に大阪で創業した国産ファクトリーブランド。「注文服のような着心地の既製服」をコンセプトに、こだわり抜いた縫製で仕立て上げられたスーツ業界でも高い評価を受けています。日本だけでなく、アジアを中心に海外のセレクトショップからも製造委託や別注を受けています。

 

ラッシャーミルズの「エヴァーラスティング」コレクションから春夏向けのモヘヤ混ウール生地です。春夏物ですが、個人的には秋冬に使いたいと思うようなハリコシの強い質実剛健の生地です。

イタリア生地の艶、柔らかさ、しっとり感とは全くの真逆。艶はなく、硬く、パリッとしています。これぞ英国の生地といった感じ。丈夫で打ち込みが良く生地自体に張りがあります。