Jurlique(ジュリーク)

 

 Jurlique(ジュリーク)はオーストラリア発祥のオーガニックコスメブランド。生物学者のユルゲン・クライン博士とその妻のウルリケ夫人の学者夫婦が立ち上げました。2人はもともとドイツで暮らしていましたが、化粧品の原料である植物を育てる豊かな土壌を探し、辿り着いたのがオーストラリアのアデレートという土地でした。

 

寒暖の差が激しく、夏場は乾燥して紫外線も強いため、この過酷な土地で植物は逞しく育ちます。ここに1985年にオーガニック認証自社農園を設立し、ブランドを立ち上げました。自宅のキッチンで手作りしていた化粧品が評判を呼び、1997年に日本へ、そして現在は世界20カ国に展開するオーガニックコスメブランドにまで成長しました。ジュリークのブランド名は、夫妻それぞれの名前「Jurgen(ユルゲン)」と「Ulrike(ウルリケ)」を掛け合わせています。

 

 

Jurlique(ジュリーク)のものづくり

ジュリークの自社農園では一切農薬を使用せずに、温室で大切に育てられた種や苗を、毎年春と秋に植え、収穫時期に丁寧に人の手で手摘みしています。

ジュリークの収穫はすべて、手摘みで行っています。例えば、バラはまだ寒さが残る早朝、朝露が消えないうちに満開直前の花を摘み取っています。もっとも香りがよく、生命力の高い状態のバラを収穫するためには、花の状態を見極め、香りを確かめるという作業が欠かせません。植物は育つ場所や収穫のタイミングで、香りはもちろん、花や種、茎や葉に宿るエネルギーもまるで違うものに変わります。一見、非効率に思える手作業もすべては良質な原料を得るために必要不可欠なことなのです。

原料の栽培では「バイオダイナミック無農薬有機農法」を採用しており、植物のエネルギーの増減が連動するとされる月の満ち欠けのサイクルに合わせて、種まきや収穫を行い、定期的に土地を休ませ、転作することで肥沃な土地を保つ循環型の土壌づくりを行っています。

その他、ジュリーク独自の配合レシピでブレンドする「バイオダイナミックブレンド」とそこで得た植物エキスを蒸留・ろ過・灰化処理・再結合させて植物のもつポテンシャルを最大限に引き出す「バイオイントリンジック製法」があります。詳しくは公式サイトでじっくり読んでみてください。

 

Jurlique – ジュリーク公式サイト

オーストラリアのオーガニックコスメ「ジュリーク」の公式サイト。日常で自然とつながる瞬間を、私たちは叶えていきたいと考えています。オーガニック認証自社農園で育まれた植物の恵みを贅沢につめ込んだスキンケア・ボディケアで、Well-beingなライフスタイルを。

 

今やオーガニックブランドは数多く存在しますが、オーガニック認証自社農園の原料栽培、品質管理、製造、販売までを一貫して手がけているブランドは多くありません。

ここまでこだわりがあると「最終的な製品のクオリティに労力が見合っていないのでは?」なんて思ってしまいますが、ここまでしないと世界的なブランドにまでは成長しなかったのかもしれません。私が手間ヒマかけてつくられた製品を身に付けるときに感じる高揚感はこういったブランドイメージの部分が大きいですね。

 

 

Jurlique(ジュリーク)「シトラス ハンドクリーム 40ml」

洋服や小物だけでなく、コスメにまでお金をかけるようになり、追い打ちをかけるようにこの時期のセールで破産しております。冬に購入したGROWN ALCHEMIST(グロウン・アルケミスト)のハンドクリームがなくなったので、次なるハンドクリームを探していたところ、コスメ通販サイトで口コミ評価が高かったジュリークのハンドクリームを購入しました。

GROWN ALCHEMIST|べたつかず、サラッと浸透するハンドクリーム(バニラ&オレンジピール)
GROWN ALCHEMIST|べたつかず、サラッと浸透するハンドクリーム(バニラ&オレンジピール)
GROWN ALCHEMIST(グロウン・アルケミスト) 2008年にオーストラリアのメルボルンで誕生したスキンケアブラ.....