LCCを使ってダブリン空港へ

2017年6月。ヨーロッパに留学していた私はアイルランドへ一人旅に出かけました。

オランダのアイントホーフェン空港からアイルランドのダブリン空港へヨーロッパのLCC航空として有名な「Ryanair」を使って飛びました。なんとそのチケット代20ユーロ(約2400円)。日本じゃ考えられないくらい安いです。

LCCなので預け荷物にオプション料金がかかったり、狭い飛行機内など不便はありますが、私はバックパック1つを機内持ち込みで持って行ったので全く不満はありませんでした。ヨーロッパの格安バスFlixbusで散々残念な経験をしているので(実はここへ来る前もFlixbusで空港へ行く予定が、30分以上遅れたので電車で来ました…)、それに比べてとても快適でした。

1時間ほどで到着。空港からシャトルバスで市内へ行きます。Ryanairで航空券をオンライン決済する際に、バスの往復券も予約できました。 往復11ユーロ。

ダブリンは家のドアがカラフルに塗装されています。ペンキが大量に安く作られるようになった1970年代頃から、建物の統制に関する法律がまだ整備されていなかったアイルランドでは、住民が自由に思い思いの色でドアを塗ってしまったのだそうです。

 

映画「シング・ストリート」のロケ地

私は映画を好きでよく見るのですが、その中でもお気に入りの作品がここ、アイルランドのダブリンを舞台にした青春映画「Sing Street (シング・ストリート 未来へのうた)」です。

 

映画『シング・ストリート 未来へのうた』公式サイト

映画『シング・ストリート 未来へのうた』 |公式サイト


ラ・ラ・ランドをはじめ、有名ミュージカル映画や音楽映画を見てきましたが、それにも引けを取らない傑作です。一時期はサウンドトラックを聴きまくっていました。