Gran Sasso(グランサッソ)

Gran Sasso(グランサッソ)は1952年にサンテジーディオ・アッラ・ヴィブラータという小さな村で、ネッロ、エラルド、アルチェオ、フランチェスコのディ・ステファノ4兄弟によって設立されました。ブランド名は地元の山脈が由来となっており、「品質が商品を語る」を企業理念に、イタリアを代表するニットメーカーとして注目されています。

グランサッソのニットは全てイタリアの自社工場で生産されています。2002年に新設した本社工場に加え、コットン製品の専門工場、浄水施設を備える染工場を所有しています、また、ニットの着心地を左右するリンキング(縫い合わせ)は、ずらりと並んだリンキングマシンの針にひと目ひと目、生地を刺してつなぎ合わせる熟練職人の技が光ります。熟練職人の伝統的な技術と最新の機械設備を融合させ、素材選びから、染工場での加工にも力を入れています。

 

「12Gメリノウール ヘリンボーンクルーネックニット」購入レビュー

  • ブランド:Gran Sasso
  • 素材:メリノウール(毛)100%
  • サイズ:44
  • 色:ワイン
  • 柄:ヘリンボーン
  • 生産国:イタリア
  • 定価:36,000円

 

John Smedley、Cruciani、Zanone、Drumohrなどのニットブランドと並んで日本でもセレクトショップ等で取扱いのあるGran Sasso(グランサッソ)。今回、初めてグランサッソのニットを購入しました。

 

Vintageライン