ガイドブック派?Google Map派?

私がヨーロッパを旅行した時にとても重宝したGoogle Map。今や誰もがスマートフォンに見知らぬ土地を案内してもらっているのではないでしょうか。

インターネットが繋がる国内では活躍するGoogle Mapですが、海外旅行ではどうでしょう?皆さんは海外旅行のお供はガイドブック派ですか?それともGoogle Map派?

今回は海外旅行におけるGoogle Mapの便利な使い方を記事にしたいと思います。

海外旅行でGoogle Mapを使う理由

できるだけ荷物を少なくスマートに

Google Mapを使う理由はたくさんありますが、まずは持ち運びやすさが挙げられるでしょう。スマホに入っているアプリなので実質何も持ち歩いていないようなもの。それに比べ、ガイドブックや地図はかさばります。海外旅行では移動しやすくするために荷物はできるだけ少なくするのが吉。

オフラインでも使える

Google Mapはオンラインじゃなければ使えないと思っていませんか?後ほど詳しく説明しますが、あらかじめ準備しておけばGoogle Mapはオフラインでも使えます。オフラインでは道のり案内や乗換案内は使用できませんが、スマホのGPSのおかげで現在地は把握できます。目的地が分かっていれば道のり案内がなくても自力でたどり着けます。

無料

海外旅行のガイドブックや地図は一つの国に行くたびに買い足す必要があります。しかもわりと高い。日本に帰ってきたらしばらく、もしくは一生使わない可能性のあるガイドブックを持っていても仕方ありません。

準備から当日までこれ一つ

Google Mapは海外旅行準備から当日まで活用できます。道のりや乗換案内はもちろん、目的地の営業時間、混み具合、レビュー評価まで確認できるGoogle Mapはもはやただの地図ではなく、れっきとしたガイドブックです。

 

Google Mapのデメリットはある?

個人的な意見ですが、Google Mapにガイドブックの地図に劣るデメリットはないと思います。強いて言うならスマホの充電が切れたら使えなくなるという点がありますが、ヨーロッパ旅行を通してこれが問題になったことは一度もありません。

スマホの充電の問題

確かにスマホの充電が切れたらGoogle Mapは使えません。しかし、以下のことに気を付ければまったく問題ありません。

海外旅行中は常に機内モード

海外旅行をする人ならほとんどの方がデータ通信をオフにして機内モード設定にするとは思いますが、機内モードはバッテリーを節約することにも大いに貢献するので、海外旅行中は常に機内モードにしてください。機内モードでもWifiは使えます

予備バッテリーを1つ持って行く

スマホの予備バッテリーがあればバッテリーの減りにビクビクしなくてすみます。私の場合、100%で出かけて一日観光しても60%を下回ることはあまりなかったのでほとんど予備バッテリーを使う機会はありませんでした。いざという時に頼りになるので1つは持って行くことをオススメします。

他のアプリを使わない

宿泊先など充電ができる環境は別ですが、海外旅行中は観光を楽しみましょう。海外にいるのに、暇な時間にネットがつながったからといってネットサーフィンなんてもってのほか。外にいるときは、スマホで使用するのはカメラ、情報収集のためのネット検索とGoogle Mapくらいです。

以上のことに気を付ければGoogle Map利用でのバッテリー問題は解決されると思います。それではここから海外旅行でのGoogle Mapの使い方を解説していきたいと思います。

 

海外旅行準備

どこに行きたいか決める

訪れる国、都市が決まったらまずは行きたい場所を決めましょう。ガイドブックなどを利用しても良いですが、インターネットの記事で集めるのが楽でしょう。

目的地の場所をチェック

行きたい観光スポットやお店が決まったら、Google Mapで検索。この時、Googleアカウントにログインするのを忘れずに

例としてハイネケンエクスペリエンスを調べてみました。まずは自分が調べたい場所で合ってるか確認しましょう。有名な観光スポットなら口コミ件数が多ければ合っています。

重要: リストに保存

場所が確認できたら、リストに保存しましょう。このリスト保存機能が海外旅行でとても役立ちます。リストに保存すると、ハート、緑のフラグ、星、青色のリストマークの4種類で目的地を分類できます。

  • ハート: 食事をする場所(レストランなど)
  • 緑フラグ: 行くことが決定済みの観光スポット
  • スター: とりあえず行きたい場所全部
  • 青リスト: 宿泊先、重要な駅や空港(中央駅など)、撮影スポット

 

私はこのように分類しています。

すると、このように分類に応じて地図上にもマークが付きます。このマークがあるおかげで、目的地の場所を把握しやすくなり、オフラインで道のり案内が使えない状況でも、GPSを使って自力で目的地まで向かうことができるようになります。