Globe-Trotter(グローブトロッター)

1897年にデヴィッド・ネルケンにより創業されたGlobe-Trotter(グローブトロッター)。ブランド名の由来は、地球(globe)を巡る(trot)。

エリザベス女王がハネムーン用のトラベルケースとしてグローブ・トロッターを選び、パイロットケースは現在もロイヤルツアーなどに愛用されています。

引用元:https://jp.globe-trotter.com/aero/#collection

ナチスによるファシズムの脅威から世界を救ったウィンストン・チャーチル卿は、アタッシェケースを愛用しました。

南極探検で有名なキャプテン・スコットを初めとした冒険家たちに愛され、今では世界中の人々に旅のパートナーとして選ばれ続けています。

映画「007」スカイフォールとコラボした世界限定100台ケースは007のオフィシャル・パートナーとして選ばれ続けており、映画内にも登場しています。

引用元:https://jp.globe-trotter.com/aero/#collection

 

グローブトロッターの扱うヴァルカン・ファイバーという素材は、特殊紙を何層にも重ね、樹脂でコーティングしたもの。ヴァルカン・ファイバーを使ったトラベルケースは、アルミよりも軽く、革よりも丈夫。金属にはない温かみのある質感が特徴で、耐久性も象が踏んでも壊れないと謳われるほど。実際にハンブルグ動物園で1トンの子象をトランクに乗せて耐荷重実験に成功しました。

引用元:https://jp.globe-trotter.com/heritage/

ブロックスボーンの自社工場で今でも創業当時と変わらぬ製法で、職人の手で一つ一つハンドメイドで製作されています。クラシックな佇まいを変えずに、旅をするほど味が出るトラベルケースとして今も尚人気を誇っています。

 

1つのパーツに対しての妥協ないこだわりに、「50年、100年かけて未来のアンティークになるようなトラベルケースを作る」という最上級のクラフトマンシップが表れています。

 

グローブトロッターの製作過程

 

レザーコーナー

英国のタンナーからブリティッシュ・レザーを取り寄せ、自社工場で型取りをします。かつて蒸気機関にも使われており、英国の歴史を象徴するものです。グローブトロッターのアイコンでもあるトラベルケースの四隅のレザーコーナーは11プロセス(5日間と8.5時間)をかけて最適な形と強度を確かめながら製作します。

ハンドル

スーツケースを組み立てる前に、芯をレザーで接着・48時間プレスする作業を含めて全て手作業で27プロセス(3日間と16時間。

レザーストラップ

当時、馬具を製作するのに使っていた1928年モノのマシンでレザーをカット、縫っていきます。10プロセス(3時間40分)。

スーツケースの組み立て

  • グローブトロッターに1人しかいない専業大工さんが地元のブナ材をフタの形に加工します。3プロセス(2時間40分)
  • ヴィクトリア朝時代から使われている裁断機で、刃の重さだけでヴァルカン・ファイバーを切っていきます。一枚一枚パネルを1901年に特許申請済みの手法で成形していきます。4プロセス(45分)
  • 部品は伝統的なハンマーと釘打ち手法で取り付けられます。8プロセス(1時間10分)
  • 内装生地をカットし、凹凸のないようにのり付けします。3プロセス(40分)
  • 強度と型崩れ防止のためにスチールの針を手作業で取り付けます。8プロセス(1時間15分)
  • 一つ一つ丁寧にスーツケースを検品します。24プロセス(25分)

合計 98プロセス(10日間と9時間35分)

一つのスーツケースにかける時間が半端じゃありません。

 

こんなの見せられたらコラボ製品やサイズ違いでトラベルケースを揃えたくなりますね。

 

高級スーツケースブランド「RIMOWA(リモワ)」と「Globe-Trotter(グローブトロッター)」オススメは?

  • RIMOWA(リモワ)

ドイツの高級ブランド。アルミ素材が定番。愛用者が多い。

  • Globe-Trotter(グローブトロッター)

イギリスの高級ブランド。クラシックなデザインとヴァルカン・ファイバーが特徴。

  • samsonite(サムソナイト)

アメリカの旅行鞄世界最大手。TUMI、グレゴリーなど名だたるブランドを買収しているためコレクションの幅が広い。

  • ACE(エース)

安定の日本ブランド。ZERO HALLIBURTONも買収している。

  • TUMI(トゥミ)

機能性なら敵なし。ビジネスバッグで日本人サラリーマンから絶大な信頼を置かれている。

  • ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)

月に行った歴史がある。2本のプレスラインがトレードマーク。

  • DELSEY(デルセー)

フランスのお洒落スーツケース。デザイン性に定評がある。

  • Bric’s(ブリックス)

家族経営約70年のイタリアのお洒落スーツケース。

スーツケースブランドはたくさんありますが、その中でも高級スーツケースブランドとして知名度を誇るのがRIMOWA(リモワ)とGlobe-Trotter(グローブトロッター)。

私もやっと仕事に慣れてきて、出張も増えてきたので、もうそろそろ良いスーツケースが欲しくてリモワ(Original, Cabin)とグローブトロッター(Original, 20インチ)でどちらを買おうか迷いました。