Drake’s(ドレイクス)

Drake’s(ドレイクス)は、Aquascutum(アクアスキュータム)のアクセサリー・コレクションのデザイナーだったマイケル・ドレイクが1977年にイギリス、ロンドンのイーストエンドで創業したメンズウェアブランド。

メンズマフラー、スカーフ、小物のコレクションからスタートし、1986年にはネクタイコレクションを発表。伝統的な英国の仕立て技術と斬新な多彩な色柄で注目を浴びました。現在では英国に残る希少なファクトリーブランドとして、ネクタイ、ポケットチーフ、シャツ等は特に高い評価を得ています。2017年に渡辺産業株式会社のBRITISH MADEでアジア進出しています。

 

Drake’s(ドレイクス)のネクタイ

Drake’s(ドレイクス)のネクタイは300年前に絹織物で栄えた地区にあるHABERDASHER STREETのオフィス兼自社工場で生産されています。伝統技術を引き継いでいるネクタイ作りの職人が、旧式織機で織り上げられたセブンスレッドシルクと呼ばれる7本撚りのシルク糸を使用した生地を使用し、ボリューム感と光沢に優れるネクタイを生み出しています。「ハンドロール」と名の付いたものは職人のハンドメイドで1本1本丁寧に縫い上げられている商品の証です。

英国好きなら外せない映画「キングスマン」では、ドレイクスのネクタイが使用されています。

 

Drake’s(ドレイクス)|「ウールカシミヤソリッドタイ(ハンドロール)」レビュー

  • ブランド:Drake’s(ドレイクス)
  • 素材:ウール48%、シルク30%、カシミヤ22%
  • サイズ:幅8cm、全長147cm
  • 柄・色:ソリッド(無地)、ネイビー
  • 生産国:イギリス
  • 定価: 26,400円(税込み)

大学卒業前に初めて購入した高価なネクタイがDrake’s(ドレイクス)でした。今では数本所有していますが、当時は背伸びして、日本の代理店のBritish Madeさんのセールで半額で購入しました。現在はカシミヤ100%のソリッドタイが販売されているようです。

色は合わせやすい無地のネイビーにしましたが、素材は高級ネクタイ1本目にしては変化球のウールカシミヤを選びました。