CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)は、1879年にジェームズ・クロケットと義理兄弟のチャールズ・ジョーンズが革靴の聖地ノーザンプトンで創業した英国を代表する革靴ブランド。

1924年には英国王室への納品実績が認められ、のちのジョージ6世であるヨーク公が見学に訪れています。140年以上のブランドの歴史の中で、OEMメーカーとして多くのファッションブランド、「ジョージ・クレバリー」や「ジョン・ロブ・パリス」などの高級既製靴製造を手がけてきており、今や世界中で最も多くの木型を有する革靴メーカーとなりました。007シリーズでは「スカイフォール」以降、ダニエル・クレイグが同社の革靴を履いています。

1997年にはロンドンのジャーミン・ストリートに店を構え、これまで培われてきた技術を生かして、社名をブランド名としたオリジナル既製靴の販売を開始しました。

2019年で140周年を迎え、ロンドン、バーミンガム、パリ、ブリュッセル、ニューヨークを中心に直営店と小売店を構えています。デザインや素材が豊富で日本国内でも数多くのセレクトショップで取扱いのある人気ブランドとなっています。

 

英国王室御用達「ロイヤルワラント」

世界各国の王室に商品を納入しているブランドに与えられる「王室御用達」の認定の中でも、イギリス王室の「英国王室御用達(ロイヤルワラント)」は代表格。

厳しい審査や管理を経て、王室が実際に使用し、英国王室に最低5年以上納品している実績があるものから英国女王、エディンバラ大公、ウェールズ公が認めたものだけにそれぞれの紋章が与えられます。認定されたブランドは与えられた紋章(最大3つ)を掲げることができますが、5年ごとに審査があり、常に高品質の商品を提供することが求められます。

左からライオンとユニコーンが描かれたエリザベス女王の紋章、血縁関係のあるデンマークとギリシャをモチーフにしたエディンバラ公(フィリップ殿下)の紋章、王冠に3本の羽根をあしらったウェールズ公の紋章。

創業当時から英国王室との関わりがあったクロケット&ジョーンズですが、2017年にはチャールズ皇太子からロイヤルワラントを授与しました。

 

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)の革靴作り

創業より家族経営されており、現在はジョーンズ家4世代目のジョナサン・ジョーンズ氏が指揮を執っています。創業当時から変わらない伝統的な製法を、機械を導入することで生産効率と技術を向上させ、10年以上履いても品位を失わない高級革靴を生産しています。

クロケット&ジョーンズの革靴は、グッドイヤーウェルト製法を用いて、200以上の工程を約8週間かけて生産されています。

1.パターンカット自社オリジナルの木型をベースにデザインを決め、革を裁断するためのパターンを作成します。
2.型入れ、裁断一流のヨーロッパのタンナーから卸した高品質なレザーのみを使用し、パターンを当てて裁断線を引きます。熟練の職人が革の状態を見極めながら、最適な部位を切り取り、アッパーとライニングの革を裁断します。
3.アッパー作り100人を超える職人が目視で機械を用いながら革を縫製してアッパーを作ります。飾り穴やステッチ、手縫い工程も含まれます。
4.その他パーツ作成アウトソール、ヒール、インソールなどパーツを作ります。
5.アッパー付け型に合わせてアッパーを付けていきます。
6.ウェルト付けアッパーの側面とアウトソールの間にウェルトを縫い付けます。
7.アウトソール付けコークを入れてアウトソールをウェルトに縫い付けます。
8.仕上げヒールを付けて、ソールの形を整え、塗装、防水加工、磨き、刻印、検品、ヒモ遠し、箱詰め。

 

徹底した品質管理を行いながらも生産ラインを効率化しているため、ジョン・ロブやエドワードグリーンなどの老舗ブランドに比べると価格を抑えることができています。

また、クロケット&ジョーンズには大きく分けて、高級ラインの「ハンドグレードコレクション」と定番ラインの「メインラインコレクション」があります。

ハンドグレードコレクションは革質の良さもさることながら、製造工程にさらに一手間かけており、「ヒドゥンチャネル」と呼ばれる革底の縫い目が隠れる製法を採用していたり、土踏まずが絞られた立体的なフィット感や職人が手で磨いて出す深い色合いなどが特徴です。ストレートチップなどフォーマルシーンで履くドレスシューズはハンドグレードを選ぶのがオススメです。

 

BEAMS別注「CAVENDISH3(キャベンディッシュ3)」

出典:https://www.frame.jp/blog/all/feature/cavendish3boston2/

オールデンからタッセルローファーが生まれ、ブルックスブラザーズがその火付け役となったことは有名ですが、近年、日本国内でタッセルローファーブームを引き起こしたのは間違いなくクロケット&ジョーンズのキャベンディッシュと呼ばれるモデルのおかげでしょう。

CAVENDISH3(キャベンディッシュ3)は、日本のセレクトショップBEAMSが、現行品のキャベンディッシュ2のフィットを日本人向けに改良して生まれた別注モデル。375というラストは、丸みを帯びたトウの表情はそのままに、日本人の足型を考慮して、土踏まずから踵にかけてのウエストとヒールカップが絞られて、フィット感が向上しています。

伝統的な英国靴メーカーの多くが木型や細かなデザインの変更を受け付けない中、様々なリクエストに柔軟に対応しているクロケット&ジョーンズだからこそ生まれたモデルです。

 

クロケット&ジョーンズのキャベンディッシュ3を購入するまで

社会人になってからクラシックなファッションアイテムを揃えてきましたが、カジュアルコーディネートに合わせる革靴をほとんど持っていなかったため、オンオフどちらでも使えるタッセルローファーを探していました。

キャベンディッシュ3の存在は知っていましたが、人と被りたくなくて最初はスルーしていました。まず候補に挙がったのはオールデン。タッセルローファーのオリジナルブランドということもあり気になっていましたが、