CLARINS(クラランス)

CLARINS(クラランス)はフランスのスキンケアブランド。当時医師を目指していたジャック・クルタン・クラランスが病院では解決できない女性たちの悩みに対して、美しい肌と健やかな体を取り戻すことを理念に1954年にパリのトロンシェ通りにエステティック サロン「アンスティテュ クラランス」の第1号店をオープンさせたのがブランドのはじまりです。

クラランスのこだわりは原料の植物の最先端の研究です。同じ植物でも、抽出部分、産地、採集方法によって、有用成分の質や量が変化します。クラランスは60年以上に渡り、パリ郊外にある研究所で
植物の可能性を研究し、処方技術を生み出しています。クラランスの製品は自社ハーブ園で育つ250種類以上の植物から採れたオイルが配合されており、パリにある製造工場は、世界基準のオーガニック認定団体「ECOCERT(エコサート)」の認定を受けています。

1986年に日本上陸。2002年には「クラランス メン」シリーズが誕生。現在ではスキンケア製品のほか、メイクやフレグランス製品も販売しており、世界中のラグジュアリーホテルではクラランス スパも展開しています。

 

 

スキンケアの中でも重要な洗顔

スキンケアステップの中で最も重要なのは、汚れを落とすクレンジングと言われています。メイクをしたらクレンジングオイル等を使用して毛穴や肌の表面に汚れが残らないようにします。化粧をしない男性も洗顔料を使った洗顔は必須。ぬるま湯の洗顔ですませる方もいますが、極度の乾燥肌で毛穴がほぼ目立たない人以外は、洗顔料を使用したほうが良いでしょう。

そんな侮れない洗顔ですが、化粧水や美容液にばかりお金を掛けて、洗顔料は「皮脂を落としてしっかり洗えれば良い」と考えて適当に選びがち。

私も特にこだわりなく洗顔料を選んできました。

 

直近1年前後で使用した洗顔料