Brift H(ブリフトアッシュ)

「日本の足元に革命を」をコンセプトに2008年に東京・南青山で創業。

創業者の長谷川裕也さんが2004年に路上靴磨きを始め、2017年に靴磨き世界大会「World championship of shoeshine in London」の決勝で見事初代チャンピオンになったことがきっかけで長谷川裕也とBrift H(ブリフトアッシュ)の名前が一躍有名に。

世界で初めてカウンタースタイルを導入し、お客様の目の前で靴磨きをする靴磨き店として日本中のみならず世界中から靴好きが集まる店となりました。

靴磨きの価値を高め、職人の地位を上げる。
そのために靴磨きという世界に革命を起こす、そのために生まれたのがこのBrift Hです。

またオリジナルの靴磨き道具に関しても、靴磨き職人の目線で”使いやすい” “世の中で一番良い” 商品を開発しています。すべては靴磨き文化の発展のために欠かせないものだと思い、取り組んでいます。

これからも枠に捕らわれない自由な発想と、説得力のある本物の技術で日本のみならず
世界の足元に革命を起こしていきます。

Brift =Brighten Footwear
H =Human、Hand、Happy、Home、Hospital

足元が輝くことで始まる世界がある。。。。

挑戦はまだまだ続きます。

私は就活を機に靴磨きにハマったのですが、2018年当時から靴磨き好きの間ではBirft Hは有名店でした。

夜な夜なこの動画を見てインスピレーションを受けていた思い出。ファッションが好きな人には靴磨きはハマりやすいと思います。クラシックファッションが好きで、ちょうどビジネスファッションにも興味が出てきたときに出会った靴磨きは、社会人として、紳士として、マナーであり楽しみだと思いました。

動画で靴磨きを覚えましたが、長谷川さんの出版した「靴磨きの本」をバイブルとして部屋に置いています。

社会人の身なり、服装がどんどんカジュアル化していく流れはそれはそれで良いと思います。ただ、スーツをビシッと着て、綺麗に磨いた靴を履いて仕事をしたい人もいると思うので、カジュアル、クラシック、どちらも受け入れられる世の中になると良いなと思います。

 

「THE CLEANER 」シリーズ

長谷川さんに会ったことも、お店を訪れたこともありませんが、動画やネット記事だけですっかりBrift Hのファンになりました。Brift Hはオリジナルのシューケア用品を販売しており、通販もあります。

他のシューケア用品と比べてお値段は高めですが、革靴、靴磨き好きの間では評判が高いです。
Brift H(ブリフトアッシュ)で靴磨きセットを揃えたい!ということで、今回クリーナーを公式通販で購入しました。

商品カタログもカッコイイ。部屋に飾っています。

 

手ざわりの良い厚紙で細かいところまでこだわりがあります。

 

THE CLEANER for Mirror shine

Brift H オリジナルの鏡面磨き落とし用のクリーナー【50ml】

価格:税込1,540円

鏡面磨きと呼ばれる、つま先(トゥ)をワックスでピカピカに磨く手法があるのですが、その過程で作った厚いワックスの層を溶かしながら除去するクリーナーです。
他のシューケア用品では液体(水溶性)のクリーナーが主流なのですが、それでは何度もクリーナーで磨かないとワックスが取れないため、革靴の革を傷めてしまいます。こちらのクリーナーはろう・油脂・有機溶剤が配合されており、革を傷めないようにワックスを溶かして拭うことができます。