Melvita(メルヴィータ)

Melvita(メルヴィータ)は、1983年に生物学者で養蜂家のベルナー・シュビリアが創業したフランスのオーガニックコスメブランド。ブランド名はラテン語の「MEL(花の蜜)」と 「VITA(生命)」が由来。ほぼすべての製品がヨーロッパのオーガニック認証(ECOCERT、COSMOS)を取得しており、世界の1000種にのぼる天然素材から原材料を厳選し、スキンケア、ボディケア、ヘアケア製品を展開しています。

 

そもそもブースターオイルは必要か

近年「ブースター」という役割を謳う化粧品が流行っています。化粧水やオイルなど形は様々ですが、洗顔後のはじめのステップとして追加することで、肌を柔軟にして化粧水や美容液の浸透を促す促進剤のようなもの。

賛否両論あるかと思いますが、私はオイルを「ブースター」として使用することには疑問を持っています。美容のプロではありませんが、

  • 肌が吸収できる水分量は一定量で決まっている
  • オイルは水溶性の化粧水をはじくため、化粧水前に塗布するのは望ましくない
  • オイルは水分の蒸発を防ぐ蓋の役割が基本(水分を含んだ肌を保湿するもの)

 

これくらいは素人でも分かると思います。実際にオイル後に化粧水を塗布して浸透実験をしている記事もネットにありますが、オイルを付けた後の肌には化粧水は浸透しにくくなっています。(少なくとも時短ケアでは難しそう)

メーカー側の立場になって考えれば、「導入液」をワンステップ増やすことで、その分売上を増やすことができます。もちろん、肌への効果は個人差があるため、導入液自体に何かしらの効果があることは否めませんが、なかには浸透してる感を演出するために無駄な成分を配合しているものもあるかもしれません。

 

親水性の高いオイルはブースターになりうるか

アルガンオイルを代表とする親水性の高いオイルも存在します。アルガンオイルを販売する企業は「ステアリン酸が多いため、水分をより多く肌に届けることが可能となる」と書いていますが、これにも違和感があります。

ステアリン酸の効果を調べる(出典:化粧品成分オンライン)と、乳化(エマルション)が挙げられています。

出典:化粧品成分オンライン

図を見ると分かりやすいですが、ステアリン酸の効果は、「乳化(油と水分が混ざり合う)」だけで、「肌の奥に水分を届ける」効果はありません。

化粧水と馴染みが良いため、なんとなくブースターっぽさを感じるかもしれませんが、それは「肌の奥に浸透している」のではなく、「オイルと化粧水が上手く馴染んでいる」だけです。化粧水が蒸発するのを防ぐことはできるかもしれませんが、親和性の高いオイルでもブースター(水分や成分の浸透を促す)にはなり得ないと考えます。

 

水分を含んだ肌を保湿するものとしてオイルを付ける

水性の導入液は分かりませんが、オイルに限って言えば、肌に水分を含ませた後に保湿するために使うのがベストだと考えます。実際に順番を前後して試してみるのもありだと思います。基本的には洗顔後に化粧水や美容液を塗布して、最後にオイル系の保湿化粧品を使うのが良いでしょう。

 

【レビュー】Melvita(メルヴィータ)|「ビオオイル アルガンオイル 50ml」

  • 商品名:ビオオイル アルガンオイル
  • 容量:50ml
  • 成分:アルガニアスピノサ核油,トコフェロール,ダイズ油
  • 原産国:フランス
  • 定価:3,600円 (税込 3,960円)

 

【ベルコスメ】Melvita(メルヴィータ)ビオオイル アルガンオイル 50ml