洗濯ネットの意味、効果

生地の摩擦を減らして劣化、色移りを防止

衣服を直接洗濯機の中に入れて洗濯すると、生地同士が擦れて摩擦で劣化します。そこで、デリケートな衣服を守るために洗濯ネットを使います。生地が擦れることで起こる色移りも防ぐことができます。

 

シワ、型崩れを防止

直接洗濯機で回すと衣服同士が絡まるため、型崩れが起こったり、シワができやすくなります。大切な衣服やシワができやすいものは洗濯ネットに入れます。

 

衣服の装飾を保護

衣服の装飾、ボタン、金具等が洗濯中に壊れたり外れたりするのを防止する役割もあります。

 

繊維付着を防止

衣服を洗濯機で直接洗濯すると、洗濯槽で削られた繊維が他の衣服に付着していまいます。そのため、毛羽立ちやすいもの、糸がほつれやすいものは洗濯ネットに入れます。

 

 

洗濯ネットの選び方

1.サイズ

衣服のサイズに合ったサイズの洗濯ネットを使用するのが正しい使い方。小さいものを大サイズの洗濯ネットに入れるとネットの中で片寄り、汚れが落ちにくく、型崩れの原因になります。

  • 小サイズ:(一辺が20cm):靴下、ストッキング、ハンカチ等
  • 中サイズ:(一辺が30cm):ワイシャツ、Tシャツ、インナー、薄手の衣服
  • 大サイズ(一辺が50cm〜):バスタオル、長ズボン、厚手の衣服

 

2.目の細かさ

目の大きさは洗浄力に比例します。目の粗いタイプは、型崩れを防ぎつつ、汚れをしっかり落としたい衣服用(ワイシャツ、Tシャツ、装飾のないものなど)。

網目から付属品が飛び出ない目の細かいタイプは、装飾が付いたものや、生地がデリケートなものにおすすめ。洗浄力は落ちますが、衣服へのダメージが少なくなります。

 

3.専用ネットで選ぶ

下着専用ネットなど、それぞれの衣服の形に合わせて作られている洗濯ネットは型崩れ防止に特に有効です。本当に大切にしたい衣服は専用ネットを購入しましょう。

 

 

100均の洗濯ネットは耐久性がイマイチ