hibi 10 MINUTES AROMA

hibi 10 MINUTES AROMA」は、播磨のマッチ会社「神戸マッチ株式会社」と、淡路島でお香をつくる「株式会社大発」が出会い、2015年に誕生したマッチ型のお香ブランドです。

日本語の「日々」を由来にしたブランド名の通り、毎日そばに置いて、その時々の気分やシーンに合わせて自由に香りを楽しんでほしいとの願いが込められています。ロゴは「日」という漢字を二つ合わせたデザインになっています。日本の伝統産業が出会って生まれたhibiは、国内300店舗、海外28ヶ国で販売(2019年時点)されています。

 

「hibi 10 MINUTES AROMA」の誕生秘話、モノづくり

明治時代にマッチの製造技術がヨーロッパから日本にもたらされ、神戸~姫路の一帯は、港に近い立地も活かして、海外輸出される高い品質の日本製マッチ製造業の集積地として栄えました。

国内生産されるマッチの約7割を占める姫路地方で1929年に創業した神戸マッチ株式会社。社会の発展とともに使用量が減少しているマッチについて、「マッチが主役でなくてもいい。ただ、マッチのルーツを語り継ぐことができれば」との想いで様々な挑戦に取り組んでいました。

一方、国産のお香・線香の約7割を占める淡路島で、約80年の線香作りの歴史を持つ株式会社大発も、「香りを楽しむ心で日本と世界をつなぐ」という想いで機会を模索していました。

 

出典:https://hibi-jp.com/product.php

兵庫県の二つの伝統産業、「淡路島のお香」と「播磨のマッチ」が2011年に出会い、約3年の月日を費やして、マッチのように擦っても折れない強度と放香性を両立させたお香「hibi」を完成させました。今や世界に羽ばたく「hibi」は、日本のモノづくりのコラボレーションで、伝統産業に携わる人々に誇りと夢を与えています。

 

「hibi 10 MINUTES AROMA」のシリーズ

通常シリーズ香り6種(レモングラス、ラベンダー、ゼラニウム、イランイラン、ティーツリー、シトロネラ)
和の香りシリーズ香り3種(ひのき、白檀、ゆず)
deep.シリーズ香り3種(オークモス、シダーウッド、アンバー)

パッケージデザインと香りが異なるだけで、どれも使用時間は10分です。deep.シリーズは大人の男性をターゲットにしており、他2種と比べて香りが濃いめで香料を多く使用しているため価格が少し高いです。

 

「hibi 10 MINUTES AROMA」のサイズ

レギュラーボックスお香スティック8本+専用マット
  • 通常:¥715(税込)
  • deep.シリーズ:¥825(税込)
お香スティック8本のみ
  • 通常:¥660(税込)
  • deep.シリーズ:¥770(税込)
ラージボックスお香スティック30本+専用マット
  • 通常:¥2,200(税込)
  • deep.シリーズ:¥2,530(税込)
3種ギフトボックスお香スティック8本×3セット+専用マット+ギフト用ペーパーバッグ
  • 和の香りシリーズ:¥2,750(税込)
  • deep.シリーズ:¥3,080(税込)
5種の香りギフトボックスお香スティック8本×5セット+専用マット+ギフト用ペーパーバッグ¥3,960(税込)

「レギュラーボックス」は手のひらサイズ。軽くて小さいので、旅行先にも携帯可能。プチギフトにもオススメです。

お気に入りの香りを見つけたら、30本入りの「ラージボックス」を。