gabo(ガボ)

gabo(ガボ、gabo napoli)は1925年ジュゼッペ・ニコーテラ氏がナポリのサルトの聖地カサルヌオーヴォで創業。その祖父から大きな影響を受けた、現当主でいとこ同士のジャンフランコ氏とジュゼッペ氏が1994年に工場を設立。トップメゾンの下請けとして実績を積んだ後、2013年にプライベートブランドとしてデビューさせた。

 

ナポリへの憧れ

質実剛健な印象のイギリスブランドとは対極を行くイタリアブランド。イタリアでも北イタリアはモダン、南イタリアはクラシックとそれぞれ特徴があります。

南イタリアのクラシックファッションの中心地といえばナポリ。Cesare Attolini(チェザレ アットリーニ)を筆頭に名だたる名門ブランドが顔を揃えています。

イギリスからクラシックファッションの入口に入った私ですが、今ではイギリスブランドと同じくらいイタリアのブランドも大好きです。その中でもナポリのブランドは別格で、雑誌やSNSでナポリ製の服を見る度に、ナポリへの憧れが強まっていきました。

BORRIELLO(ボリエッロ)|着心地最高なハンドメイドのストライプシャツ
BORRIELLO(ボリエッロ)|着心地最高なハンドメイドのストライプシャツ
BORRIELLO(ボリエッロ) BORRIELLO(ボリエッロ)は1980年にCLELIA BORRIELLO(クレリ.....

今年は運良くナポリ製のシャツを購入することができ、その着心地や作りに感動してさらにイタリアブランドの沼にはまっていますが、最低でも10万円以上するジャケットやスーツはそうそう手に入れられるものではありません。

 

ナポリ仕立てを味わえるブランド「gabo(ガボ)」

日本ではLARDINI(ラルディーニ)、TAGLIATORE(タリアトーレ)、De Petrillo(デ ペトリロ)といったブランドがイタリアブランドのジャケット・スーツとして人気のため、gabo(ガボ)はマイナーなブランドかもしれません。

しかし、他のイタリアブランドよりも手縫い工程やナポリに特徴的な仕立てが多く、かつ価格帯は数十万円するような本格的なナポリブランドに比べてお手頃という、ナポリ縫製を味わう入門ブランドとして注目されています。

 

 

ナポリ仕立ての特徴

  • ワイドラペル(8cm〜10cm)
  • ハンドステッチ(手縫い、ダブルステッチ)
  • 副資材を取り除いたナチュラルショルダー
  • マニカカミーチャ(雨降り袖、長めの生地をいせこんでギャザーにした肩)
  • バルカポケット
  • 段返り3つボタン
  • 長めの着丈
  • 軽やかで美しいシルエット

これ以外にも色々な特徴があるかと思いますが、これらを比較的手軽に味わえるのがgaboの特徴です。

 

gabo(ガボ) 春夏リネンジャケット「TOTO」

いつか欲しいと思っていたナポリ製のジャケット。この夏に運良く破格の価格でGLADD (グラッド)でgaboのジャケットを購入することができました。