Aquascutum(アクアスキュータム)

Aquascutum(アクアスキュータム)は、トレンチコートをブランドアイコンとするイギリスの老舗ファッションブランド。

1851年にイギリス、ロンドン西部の高級住宅地に仕立て職人ジョン・エマリー氏が紳士服店を開いたのがブランドの始まり。エマリーは創業から2年後の1853年に世界初の防水加工を施したウール生地「Aquascutum」を開発し、これがブランド名の由来になりました。「アクアスキュータム」 は、ラテン語で「水(Aqua)の盾(Scutum)」の意。

1895年にロンドン中心部のリージェント・ストリート100番地に旗艦店をオープンし、1980年代には、ジョン・メージャー元首相やマーガレット・サッチャー元首相を含む多くの政界の大物たちがアクアスキュータムを身にまとい、次第に認知を上げていきました。

 

アクアスキュータムの紋章の意味

出典:https://aquascutum.jp/aq/blog/grant-of-arms.html

現在のアクアスキュータムロゴの一部となっているクレスト(紋章)は1982年に英国紋章院(College of Arms)によって、過去の業績を評価され、その紋章を認可されました。紋章院は中世ヨーロッパにおいて紋章を管理していた国家機関でしたが、殆どの国において消滅し、現在も存続しているのはイギリスのみです。
英国紋章院は総裁と13人の紋章官で構成され、総裁はノーフォーク公家(Duke of Norfolk、英国公爵位の一つ。1397年より続く家柄)の世襲です。紋章の新規登録は形式上、英国国王(女王)からの授与となる為、紋章を与えるに相応しいかどうかの適格性を審査され、請願者は経歴、背景、社会的貢献等をまとめた資料を作成し提出する必要があり、紋章院がそれを審査し、署名することで初めて紋章授与の手続きが始まります。
紋章のデザインは自由に決めることが出来るわけではなく、歴史の中で培われた様々な紋章のルールに従わなければならず、又、同一国家・地域の中でまったく同じ図柄の紋章があってはならず、紋章官は長年の伝統と紋章学から得られた原則に基づき、提出された資料を元にそれにふさわしい紋章図案を考案します。(引用:Aquascutum

伝統様式に沿ってデザインされた紋章は、4つの要素で構成されています。

1.シールド(盾)盾の水滴が描かれた青の部分は「水」を表わしています。
2.クレスト(兜飾り)盾の上にあるのが騎士の兜。兜飾りは剣をかまえるライオン。ライオンの赤はイングランド、黄色はスコットランドを意味し、剣の赤はシティー・オブ・ロンドンを象徴しています。
3.マント兜の左右、盾の下から左右に伸びているのがマントです。
4.モットー盾の下に印字されたラテン語がモットーで「われら、この盾の中に信念を持つ」という意味です。

 

 

英国王室御用達「ロイヤルワラント」

世界各国の王室に商品を納入しているブランドに与えられる「王室御用達」の認定の中でも、イギリス王室の「英国王室御用達(ロイヤルワラント)」は代表格。

厳しい審査や管理を経て、王室が実際に使用し、英国王室に最低5年以上納品している実績があるものから英国女王、エディンバラ大公、ウェールズ公が認めたものだけにそれぞれの紋章が与えられます。認定されたブランドは与えられた紋章(最大3つ)を掲げることができますが、5年ごとに審査があり、常に高品質の商品を提供することが求められます。

左からライオンとユニコーンが描かれたエリザベス女王の紋章、血縁関係のあるデンマークとギリシャをモチーフにしたエディンバラ公(フィリップ殿下)の紋章、王冠に3本の羽根をあしらったウェールズ公の紋章。

アクアスキュータムはイギリス王室との関わりも深く、エドワード7世からプリンスオブウェールズ柄(グレンチェック柄)のコートの依頼を受けたことがきっかけで、1897年にロイヤルワラントを与えられ、王室御用達ブランドとなりました。

 

アクアスキュータムのトレンチコート

出典:https://aquascutum.jp/aq/blog/the-story-of-trench-coat.html

アクアスキュータムの象徴であるトレンチコートは、1914年に第一次世界大戦で戦う英国軍のために開発されました。「トレンチ」とは、兵士たちが戦場で身を守るための「塹壕」のこと(原型のコートはその前から日常作業着として存在していたそうです)。

過酷な状況で戦う兵士を守るためにトレンチコートが誕生し、耐久性、防水性、防寒性、機能性を備えたコートは兵士達を守りました。トレンチコートの開発の一線を担ったのがバーバリーとアクアスキュータムです。

1959年に開発された、生地に特殊な加工を施して、防水や防シワ機能を付与する「アクア5」はレインコート史上最高の技術的進歩であると評価され、英国女王賞を受けたことで国際的に注目を浴びました。

 

レナウンの経営破綻

1990年に日本企業のレナウンがアクアスキュータムを約200億円で買収。しかし、景気低迷や販売不振により業績が悪化したことから、変遷を経て、最終的にレナウンの親会社である中国の大手繊維会社、山東如意グループに買収されました。レナウンが日本国内での商標権を取得して販売していましたが、2020年5月にレナウンが経営破綻し、小泉グループのオッジ・インターナショナルがアクアスキュータム事業を取得しました。

 

セールでアクアスキュータムの英国製トレンチコートを購入するまで

レナウンの経営破綻をうけて、異例とも言えるアクアスキュータムのセールが始まりました。

私にとってアクアスキュータムのトレンチコートはいつか手に入れたい物でしたが、定価約20万円のコートは手が届かない憧れの存在でした。それが今回の一件で、今までほとんどセールにかけられなかった英国製のトレンチコートが直営店、アウトレット店、オンラインストアで値引きされ始めました。

 

①モデル|KINGSWAY(キングウェイ)とPRINCEGATE(プリンスゲート)

アクアスキュータムのトレンチコートの定番モデルといえば「KINGSWAY(キングスウェイ)」と「PRINCEGATE(プリンスゲート)」。

1930年に発表された「KINGSWAY(キングスウェイ)」は2004年にリモデルして「KINGSGATE(キングスゲート)」として販売されていましたが、2019AWからさらにリモデルしてKINGSWAY(キングスウェイ)の名前に戻りました。

KINGSWAY(キングスウェイ)アクアスキュータムの元祖トレンチコート。ラグランスリーブ、ガンフラップ等、当時のディテールを色濃く残している。着丈が長い。
PRINCEGATE(プリンスゲート)第一次世界大戦時、英国軍に配布されたサービスキットから当時のディテールを忠実に再現したモデル。セットインスリーブ。キングスゲートに比べて着丈が短い。

 

元祖トレンチコートのディテールを色濃く残しているキングスウェイがまず最初に選択肢に挙がると思います。プリンスゲートも定番モデルですが、レナウンが企画して販売しているモデルのため、本国では販売されていません。

キングスウェイ一択のような気がしますが、こちらは着丈が長い分、身長が低い人が着ると服に着られている感がかなり出ます。私も試着しましたが、無理して着ているように見えて体格に合っていませんでした。

ディテールの好みはあると思いますが、サイズ感はかなり重要だと思いますので、キングスウェイとプリンスゲートの2モデルは身長175cmを基準に選ぶことをオススメします

KINGSWAY(キングスウェイ)身長175cm以上
PRINCEGATE(プリンスゲート)身長175cm以下

171cm、54kgの私はプリンスゲートの試着がしっくりきたので、プリンスゲートを狙うことにしました。

 

②サイズ選び

出典:https://aquascutum.jp/cc/size_guide.html

公式オンラインサイトの各商品ページに詳しいサイズ表記がありますが、ざっくりと上の表記のサイズ感が参考になります。私は36がマイサイズでした。

 

③生産国|英国製と日本製

レナウンが日本国内でライセンス販売していたこともあり、定番トレンチコートは英国製のほかに日本製もあります。シルエットやサイズ感、ディテールに若干の違いがあり、値段は英国製のほうが高いです。

意外と日本製のほうが縫製が丁寧だったりして侮れないのですが、私がトレンチコートに求めるものはロマン。英国発祥のトレンチコートは英国製にこだわりました。

 

④色選び|ベージュかネイビーか