ANGLEPOISE(アングルポイズ)

anglepoise

ANGLEPOISE(アングルポイズ)は、イギリスの照明ブランド。1855年に創業したスプリング製造メーカー「Herbert Terry and Sons社」を前身とし、1931年にエンジニアのジョージ・カーワーダインがスプリングを用いて思い通りのポジションをキープできるスプリング式アームランプ(タスクランプ)の原型を開発しました。

1935年に一般家庭でも使いやすい、3本スプリングモデル「model 1227」が生み出されてから時代とともに進化を遂げていきました。2003年に英国を代表するプロダクトデザイナー、ケネス・グランジをデザインディレクターに迎え、1970年代に製造されていたモデルをリデザインした「Type75」を発表。2009年にはアングルポイズ75周年記念として「model 1227」が「Original 1227」としての復刻されました。

発売から80年以上経った現在も機能的で美しいアングルポイズのランプは世界中で愛用者が多く、英国のロイヤルメールの記念切手に、英国を代表する10のデザインの中に一つとして選ばれています。

 

また、ピクサー映画のオープニングに出てくるランプ「ルクソー・ジュニア」というキャラクターはアングルポイズのランプから着想を得て生まれたと言われています。

 

インテリアとしてのデスクライトを選ぶ

デスクの主役を照らすデスクライト。脇役アイテムのようでデスクの雰囲気を左右する重要なインテリアです。机を照らすだけなら2000円〜3000円のデスクライトでも十分ですが、家の中で長い時間を過ごすデスクの照明はデザインにもこだわってお気に入りを選びたい、ということで様々なブランドからデスクライトを探してみました。

 

候補①:ANGLEPOISE(アングルポイズ)「Original 1227 mini」

出典:https://lynnbelys.shop/items/5ac2e4335f7866664c001b99