Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)

Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)は、イタリア、フィレンツェで1612年に創業した世界最古の薬局。サンタ・マリア・ノヴェッラ修道院に務めるドミニコ会の修道僧が自ら栽培したハーブや植物から軟膏や薬剤を調合したのが始まりで、その歴史は約800年にまで遡ります。今も尚、伝統製法を守り、フィレンツェの丘に咲く草花を用いて上質な香りの商品を作っています。

 

ポプリとは

ポプリ(pot-pourri)は、花、香草(ハーブ)、香辛料(スパイス)、木の実などを精油等のオイルと混ぜ合わせて熟成させて作る室内香のひとつ。フランス語が語源で、多様な材料を壺に入れて混ぜ合わせて作ることから「混ぜる」、「壺」、「ごた混ぜ煮」を意味します。乾燥させて作るドライポプリと湿ったまま保存するモイストポプリがあります。

 

【レビュー】Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)|スパイシーな香りのポプリ

【レビュー】Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)|スパイシーな香りのポプリ

  • ブランド:Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)
  • 商品名:ポプリ 詰め替え用100g
  • 容量:100g
  • 素材:ローズマリー、ラベンダー、ビャクシン、バラの蕾など
  • 原産国:イタリア
  • 定価: ¥4,840(税込)

視覚情報と同じくらい、人や空間の印象を左右する「香り」。記憶とも結びつきやすく、意外とその影響力は大きいものです。

最近は部屋で過ごす時間も長くなってきたので、今回、部屋にリラックスできる香りを導入すべく、サンタ・マリア・ノヴェッラのポプリをお試しで購入しました。

有名アパレルショップや芸能人も愛用するSanta Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)のポプリ。天然の植物(ローズマリー、ラベンダー、ビャクシンやバラの蕾など)を原料に密封した壺の中で30日間以上の熟成期間を経て作られています。

定価では約5000円しますが、私は通販で並行輸入品を約4000円で購入しました。

 

ポプリの使い方

【レビュー】Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)|スパイシーな香りのポプリ

使い方は簡単で、適当な容器に香りの強さの好みに応じてポプリを出し、香らせたい場所に置くだけです。保管を考えて、袋の開封口は小さめに切ることをオススメします。

器は専用のポプリポットもありますが、ポプリが置ければ何でも構いません。

ポプリポット、器(蓋付き)
  • ホコリが付きにくい
  • 香りの拡散が弱い(1回あたりの使用量が多い)
  • 蓋で揮発が抑えられ、香りが持続しやすい
  • ホコリが付きやすい
  • 香りの拡散が強い(ポプリが空気に触れる表面積が広いため、少量で香る)
  • ポット(器)に比べると香りの持続性は短い

香りの持続性は1回あたりの使用量で相殺されるので、1袋の使い切り目安時間は器でも皿でも変わりません。インテリアや好みに合わせて選べば良いと思います。

 

オススメのポプリ皿